下肢 後遺障害等級8級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉

子供の右大腿骨骨折後偽関節で後遺障害併合8級 示談金約3530万円を獲得

[事例59]
ご依頼者様 10代男性 (学生)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
3,530
万円
3,530

獲得!
賠償金 提示前3,530万円3,530万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級8級
症状 右大腿骨骨折後偽関節
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 9年/治療中
争点 後遺障害等級認定、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合40%→30%

事故発生状況

事故当時、児童であったAさんが片側1車線道路に飛び出してしまった際に、走行してきた自動車と衝突した事故です。

ご相談いただいた背景

ご相談時、Aさんは未成年でしたので、Aさんのご両親が相談にいらっしゃいました。9年間治療を続けており、納得のいく解決をしたいとのことでご依頼いただきました。

結果

受任後、適切な時期に症状固定として、後遺障害請求を行ないました。その結果、後遺障害併合8級に認定され、自賠責賠償金を含めて約3530万円の賠償金を受け取ることができました。

解決のポイント

~刑事記録、診療記録、過失割合、因果関係、後遺障害申請、併合8級~
依頼時点ですでに刑事記録が廃棄されており、事故状況が詳しく分からない部分もあり、また、診療記録も事故直後のものがない状況で、過失割合や因果関係について立証が困難となることが予想されました。
その中で、1000ページを超えるカルテや、9年分の治療記録を精査し、後遺障害申請したところ、併合8級の認定を受けることができました。また、過失割合についても、40:60から30:70まで下げることができました。

~後遺障害等級、損害賠償額の算出~
さらに、損害額についても、ほぼ満額で示談することができ、総額約3530万円で解決に至りました。治療に9年を要したものの、その後の交渉はスムーズかつ適切にできた案件だったと言えます。
弁護士へご依頼いただいたことで、適切な後遺障害等級の認定、過失割合の交渉、損害賠償額の算出が可能になった案件であったと思います。

関連する解決事例
[事例1] 取得金額 357 万円
下肢 背骨・体幹骨 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
80代男性 可動域制限で後遺障害12級 賠償金350万円超を獲得した事例
[事例53] 取得金額 1,700 万円
頭部(脳) 後遺障害等級7級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
50代後半男性 脳挫傷等で後遺障害7級 示談金約1700万円を獲得した事例
[事例54] 取得金額 746 万円
上肢 下肢 後遺障害等級9級 後遺障害等級認定 過失割合 弁護士費用特約 示談交渉
20代男性 外貌醜状で9級 示談金約750万円を獲得した事例
関連するよくある質問
[質問15] 過失割合について揉めている相手方が治療費を出してくれません
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。