上肢 下肢 むち打ち 後遺障害等級8級 示談金増額 労働能力の喪失 示談交渉

併合第8級、総額3,500万円を超える賠償金を獲得できた事例

[事例138]
ご依頼者様 30代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
2,860
万円
3,580
万円
720

増額!
賠償金 2,860万円3,580万円720万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級8級
症状 左足関節開放性脱臼骨折、右月状骨周囲脱臼、
右手舟状骨骨折
受傷部位 上肢、下肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 2年6か月(うち入院2が月超)/治療終了
争点 示談金増額、労働能力の喪失、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 10%

事故発生状況

Aさんがバイクで交差点を直進走行していたところ、対向車線を走るトラックが前方を確認せずに右折してきて、Aさんのバイクと衝突した事故。

ご相談いただいた背景

本件では、既に、相手損保会社からAさんに対して賠償額が提示されていましたが、Aさんとしては、その金額が適正なものかどうかがわからず、一度専門家に見てもらった方が良いと考え、当事務所に相談にいらっしゃいました。

結果

弁護士介入前提示額から700万円超の増額に成功しました。

解決のポイント

本件では、依頼を受けた時点で、既にAさんの怪我の治療は完了しており、後遺障害8級の認定を受けていました。そして、相手損保会社からも既に賠償金の提示がなされていたため、当事務所においては、その賠償額が適正かどうかを確認し、増額の余地があれば増額の交渉を依頼したいとのことでした。

当事務所で賠償額の精査を行ったところ、相手損保会社からの提示では、慰謝料や逸失利益の額が著しく低額でした。そこで、当事務所でご依頼をお引き受けし、裁判基準に則って、改めて賠償額を算定し、相手損保会社に請求を行うこととしました。

弁護士による複数回の交渉を経て、最終的に、裁判基準の約9割の金額(総額約3,600万円)で示談することができました。

当事務所が介入する前の相手損保提示額から、700万円を超える金額を上乗せして解決することができました。

関連する解決事例
[事例19] 取得金額 1,800 万円
頭部(脳) 背骨・体幹骨 後遺障害等級8級 示談金増額 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
高次脳機能障害を負った主婦が1800万円の賠償金を獲得、過失割合を無過失に
[事例59] 取得金額 3,530 万円
下肢 後遺障害等級8級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
子供の右大腿骨骨折後偽関節で後遺障害併合8級 示談金約3530万円を獲得
[事例114] 取得金額 1,400 万円
上肢 むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級8級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
後遺障害併合8級を獲得し賠償金1400万円を受け取った事例
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。