むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 治療費打ち切り 示談交渉

30代男性、後遺障害非該当→異議申立で14級9号に認定、賠償金310万円を獲得

[事例91]
ご依頼者様 30代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
310
万円
310

獲得!
賠償金 提示前310万円310万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7ヵ月/治療中
争点 後遺障害等級認定、治療費打ち切り、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが、高速道路にて乗用車を運転し、渋滞のために停車していたところに、加害者の運転する後続車が追突してきたため、Aさんがむち打ちなどのケガを負ったという事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんは、相手方保険会社から一括対応の打ち切りをされたことをきっかけに、保険会社担当者と感情的なやり取りになってしまい、今後が不安であるとのことで当事務所へご相談にいらっしゃいました。

結果

ご相談前の段階では後遺障害は非該当でしたが、ご依頼後、当事務所の弁護士が異議申立をした結果、14級9号が認定されました。そして、そのことを踏まえて当事務所の弁護士がさらに粘り強く交渉をすすめた結果、310万円を獲得することができました。

解決のポイント

~後遺障害診断、症状固定、被害者請求~
相手方保険会社の担当者は、Aさんとのこれまでのやり取りが原因で、当初からケンカ腰の対応でした。そのため、こちら側としては冷静に落ち着いた態度で交渉していくことを心掛けました。
まずは、後遺症診断を受けるためにも再度診察をする必要があったため、その再診察の治療費を持ってもらえるよう相手方保険会社と交渉し、承諾を得ることができました。その後、症状固定となり、被害者請求するも非該当との結果でした。

~異議申立、医療照会、後遺障害14級9号、示談交渉~
その結果を踏まえ、Aさんの希望もあったので異議申立を行うことにしました。そこで、これまでの治療経過を医療照会などして確認し、それらの資料を補足資料として改めて提出しました。その結果、後遺障害14級9号を獲得することができました。
そして、認定された後遺障害を前提に、相手保険会社と改めて示談交渉を行なった結果、310万円の賠償金額を獲得することができました。

関連する解決事例
[事例2] 取得金額 315 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
30代 男性 後遺障害等級14級 損保提示額から100万円以上のUPで300万円を獲得
[事例5] 取得金額 318 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
40代会社員 後遺障害14級 賠償金318万円を獲得(当初提示より186万円UP)
[事例83] 取得金額 340 万円
上肢 下肢 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 治療費打ち切り 示談交渉
40代会社員男性、後遺障害14級に認定され、賠償金340万円を獲得した事例
関連するよくある質問
[質問26] 保険会社から治療費打ち切りの宣告があっても、治療を継続してもよいですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。