下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉

50代男性 弁護士に依頼した結果、示談金100万円超UP

[事例9]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
180
万円
280
万円
100

増額!
賠償金 180万円280万円100万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 右肩捻挫、頚椎捻挫、腰椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニア
受傷部位 下肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 9か月/治療終了
争点 示談金増額、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、バイクで交差点を直進していたところ、対向してきた相手車両がウィンカーも出さず、急に右折してきたためAさんのバイクに衝突しました。その結果、Aさんは、むち打ちを負いました。

ご相談いただいた背景

当事務所へのご相談前に、すでにAさんは治療を終了していました。後遺障害14級も認定され、相手損保会社からの示談金額の提示があった状態でしたが、その金額に納得できず、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

結果

弁護士介入によって、保険会社が当初提示してきた金額からおよそ100万円増額させることができました。

解決のポイント

~後遺障害14級、逸失利益、後遺障害慰謝料 ~
当事務所介入前に、すでに示談金の提案がなされていました。後遺障害14級を基礎とした逸失利益と後遺障害慰謝料も、単に自賠責保険金額ではなく、それぞれ積算されていました。「一般の方向け」の提案にしては、ある程度良心的な提案でしたが、やはり裁判基準(弁護士基準)からしますと、まだまだ増額の余地がありました。

~裁判基準~
当事務所が介入して、相手保険会社と交渉したところ、最終的に裁判基準額の約9割で示談し、相手保険会社からの当初提示額より100万円以上も増額することができました。
一見、よさそうな保険会社からの提案であっても、やはりその妥当性については、弁護士に相談してみるという方が間違いないと思います。

関連する解決事例
[事例6] 取得金額 303 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談交渉
50代男性会社員 後遺障害14級 弁護士基準満額にて即解決
[事例82] 取得金額 340 万円
下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
50代会社員男性、後遺障害14級9号に認定され、賠償金340万円を獲得した事例
[事例86] 取得金額 300 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
50代会社員男性、むちうち受傷で後遺障害14級に認定、賠償金300万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。