上肢 下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 過失割合 示談交渉

後遺障害14級に認定、当初提示額120万円から110万円増額となる230万円を獲得

[事例87]
ご依頼者様 40代女性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
120
万円
230
万円
110

増額!
賠償金 120万円230万円110万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚部挫傷、腰部挫傷、右前腕・右下腿挫傷
受傷部位 上肢、下肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7ヵ月/治療終了
争点 示談金増額、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合15%→5%

事故発生状況

Aさんがバイクに乗って直進中、対向車線で停止していた相手方車両が突然右折したため衝突した事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんは、相手方保険会社と交渉をしていましたが、一人で交渉することに限界を感じたため、弁護士に相談したいとのことで当事務所を訪れました。

結果

当初保険会社の提示額は120万円でした。しかし、当事務所の弁護士が相手方保険会社と交渉した結果、当初の提示額から110万円の増額となる230万円の示談金獲得で解決させることができました。

解決のポイント

~過失割合、物損、賠償金額、増額~
本件の争点は過失割合でした。
保険会社は当初、過失割合を85:15で主張していました。しかし、物損では95:5で示談していたこと、および事故発生状況を考慮しても95:5の過失割合が妥当である旨を反論しました。
その結果、保険会社は、当方主張の過失割合を受け入れ、過失割合を95:5とすることができました。
そのような事情により、最終的な賠償金額は、当初の保険会社提示額120万円から110万円増額となる230万円で示談解決とすることができました。

関連する解決事例
[事例25] 取得金額 263 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 過失割合 裁判
過失割合の争いで訴訟 保険会社主張4割⇒2割にて和解
[事例88] 取得金額 310 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉
後遺障害14級、当初提示120万円→弁護士介入後、190万円増額の310万円を獲得
[事例90] 取得金額 300 万円
下肢 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉
後遺障害14級 当初提示額140万円→弁護士介入後、160万円増額の300万円を獲得
関連するよくある質問
[質問15] 過失割合について揉めている相手方が治療費を出してくれません
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。