むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉

後遺障害非該当から異議申立で14級9号に認定、賠償金330万円を獲得した事例

[事例80]
ご依頼者様 30代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
400
万円
400

獲得!
賠償金 提示前400万円400万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 1年/治療中
争点 後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが、友人の運転する車両の助手席に乗車して赤信号待ちをしていた際に、後方から走行してきた相手方車両に追突され、頚椎捻挫などのケガを負った事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんは治療途中の状態でご相談にいらっしゃいました。Aさんとしては、特別に気になる点はなかったものの、何となく、今後適切な対応を受けられるかのどうかが気になり、当事務所を訪れたとのことでした。なお、事故証明書は物損になっていました。

結果

後遺障害非該当でしたが、異議申立を行った結果14級9号に認定され、その結果、賠償金330万円の獲得に成功しました。

解決のポイント

~診断書、物損、人身、後遺症認定手続、非該当、異議申立~
本件では、同乗者がおり、その方がすでに診断書を取得していたので、それを基に、本件事故を物損から人身に切り替えてもらうよう警察と交渉しました。その後、1年余りの治療を受け、後遺症認定手続を行ったものの、非該当だったため、異議申立を行いました。

~後遺症、異議申立、後遺障害、裁判基準~
年収のある方だったので、後遺症が認定されるかどうかで結果に雲泥の差が生じます。ですので、入念な準備をしたうえで異議申立をしました。その結果、後遺障害14級9号が認められ、裁判基準のほぼ満額である約400万円の回収に成功しました。

関連する解決事例
[事例7] 取得金額 296 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて14級認定 賠償金約300万円獲得
[事例23] 取得金額 309 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
30代会社員男性、後遺障害14級に認定、示談金309万円を獲得
[事例41] 取得金額 462 万円
上肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
40代 男性  後遺障害非該当⇒異議申立にて14級が認定された
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。