むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 紛争処理センター

30代男性 後遺障害14級にて保険会社提示額から300万円超UPの賠償金を獲得

[事例8]
ご依頼者様 30代男性 (契約・派遣社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
50
万円
370
万円
320

増額!
賠償金 50万円370万円320万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 8か月/治療中
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、弁護士費用特約、
紛争処理センター
解決方法 紛争処理センター
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、バイクを運転していたところ、前方の四輪車が停車したため、Aさんも停止しました。その後方から相手車両が追突してきたため、Aさんは反対車線に投げ出されました。その結果、Aさんは、むち打ちを負いました。

ご相談いただいた背景

治療途中にもかかわらず保険会社から治療費の支払いを打ち切られたということで、ご相談いただきました。幸い弁護士費用特約に加入されていましたので、弁護士にかかるコスト面を気にする必要がなく、ご依頼いただくことになりました。

結果

交渉では慰謝料額が満足いく金額に引き上げられなかったので、紛争処理センターの和解あっせんにて解決を図りました。結果として、示談金は相手保険会社が当初提示してきた金額よりも324万円増額させられることになりました。

解決のポイント

~治療費の支払い打ち切り、被害者請求~
保険会社からは治療費の支払いを打ち切られてしまいましたが、その後の治療費は健康保険を使用し通院を継続しました。症状固定後に自賠責保険に被害者請求を行ったところ、後遺障害14級が認定されました。

~裁判基準、交通事故紛争処理センター~
その後、相手保険会社との間で、休業損害および裁判基準での慰謝料などの支払を交渉しましたが、交渉段階では慰謝料額で合意に至らなかったため、止むなく交通事故紛争処理センターに和解あっせんの申立を行うに至りました。その結果、当方が主張していた慰謝料額のほぼ満額を支払う内容で合意に至ることができました。

関連する解決事例
[事例2] 取得金額 315 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
30代 男性 後遺障害等級14級 損保提示額から100万円以上のUPで300万円を獲得
[事例5] 取得金額 318 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
40代会社員 後遺障害14級 賠償金318万円を獲得(当初提示より186万円UP)
[事例29] 取得金額 315 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
30代男性会社員 休業損害「なし」でも、示談金300万円超
関連するよくある質問
[質問29] 弁護士特約ってなんですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。