下肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 労災 弁護士費用特約 示談交渉

当初30万円ほどだった賠償金提示が、弁護士介入後、210万円に増額された

[事例74]
ご依頼者様 50代女性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
30
万円
210
万円
180

増額!
賠償金 30万円210万円180万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 左大腿骨頚部骨折、左橈骨遠位端骨折
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 1年6ヵ月/治療中
争点 後遺障害等級認定、労災、弁護士費用特約、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合10%

事故発生状況

Aさんは、センターラインのない道路において、相手方の車が道路中央を超えて依頼者の車に正面衝突した事故で、Aさんは左大腿骨骨折などの重傷を負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、相手保険会社との交渉や、提示された慰謝料の妥当性に疑問を感じ相談をしようと思ったとのことでした。

結果

相手保険会社から治療を打ち切られ、賠償金の提示が30万円程であったところ、弁護士介入後、後遺障害14級に認定され、210万円の賠償金を獲得することができました。

解決のポイント

~後遺障害、労災、傷害慰謝料~
弁護士相談時、すでに保険会社から賠償金の提示が出ていたのですが、当初提示金額が30万円とかなり低く、相当性に疑問を覚えました。また、後遺障害の可能性が高そうなのに治療を打ち切られていたという事情から、まずは労災を利用して治療を継続してもらうことになりました。解決まで比較的長期間かかりましたが、当事務所にて後遺障害認定を得たうえで、相手保険会社と交渉をしました。労災を利用することによって、見た目の獲得金額自体はかなり少なくなっています。ただ、依頼者様の得た金額には労災からの特別支給金もあるので、通常の14級よりも多くなっていると思われます。
もっとも、弁護士介入後の提示もかなり低かったのですが、粘り強く交渉を継続することで、休損満額および赤い本の不定期基準を超える傷害慰謝料にて示談することができました。

関連する解決事例
[事例3] 取得金額 205 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災
30代会社員 後遺障害14級にて200万円超の賠償金を獲得
[事例12] 取得金額 328 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災 示談交渉
後遺障害14級認定 休業損害の内払交渉難航するも、結果的には満額を獲得
関連するよくある質問
[質問17] 車での通勤中、コンビニに寄ったときの交通事故でも、労災は使えますか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問37] 労災で後遺障害等級認定された場合、自賠責でも同じ結果になりますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。