むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 示談交渉

50代男性 異議申立で後遺障害併合14級に認定、賠償金295万円を獲得した事例

[事例71]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
70
万円
290
万円
220

増額!
賠償金 70万円290万円220万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰部挫傷
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 8カ月/治療終了
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが乗用車に乗って赤信号待ちのために停止中、後方より走行してきた乗用車に追突され、むち打ちを負った事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんは、当事務所に相談に来られる前、後遺障害等級非該当との認定を受けていました。Aさんはこの点についてとても不満があり、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

結果

ご依頼後、当事務所にて異議申立を行ったところ、後遺障害併合14級に認定されました。その結果、賠償金295万円を獲得することに成功しました。

解決のポイント

~MRI検査、椎間板ヘルニア、医療照会、後遺障害等級認定~
Aさんは治療期間中にMRI検査などの精密検査を受けていなかったため、まずはMRI検査を受けていただき何か異常がないか医師の診断を仰いでもらいました。そうしたところ、診察を受けた医師から椎間板ヘルニアがあるとの指摘があったとのことでした。そこで、主治医に医療照会を行なうなどして、後遺障害等級認定に必要な資料の収集を行ないました。そして収集した資料を基に異議申立を行ないました。

~異議申立、後遺障害等級14級~
異議申立の結果、後遺障害等級14級に認定されました。その後は、認定された後遺障害の存在を前提に、賠償金の示談交渉を行ない、Aさんにも満足していただける結果を出すことができました。
異議申立手続では、①前回請求時に提出できていなかった資料として、どのようなものを収集することができるか、②収集した資料からどのような主張をすることができるのか、といった点がポイントとなり、深い専門性が求められます。泉総合法律事務所では、異議申立による後遺障害等級を獲得した実績が豊富にあります。ご相談は初回無料ですので、後遺障害等級の認定でお困りの方は、是非ともご相談いただければと思います。

関連する解決事例
[事例7] 取得金額 296 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて14級認定 賠償金約300万円獲得
[事例39] 取得金額 299 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
異議申立にて非該当から14級へ 賠償金大幅アップ
[事例41] 取得金額 462 万円
上肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
40代 男性  後遺障害非該当⇒異議申立にて14級が認定された
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問39] 後遺障害等級認定における「併合」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。