むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉

後遺障害異議申立にて14級9号に認定され、賠償金310万円を獲得した事例

[事例69]
ご依頼者様 40代女性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
310
万円
310

獲得!
賠償金 提示前310万円310万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 6か月/治療中
争点 後遺障害等級認定、弁護士費用特約、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが自動車に乗って右折待ちのため道路上に停車していたところ、後ろから走行してきたダンプカーに追突され頚椎捻挫などの負傷をした事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんは、①事故後の手続について詳しく弁護士に聞いてみたい、②適切な賠償金を獲得したい、とのことで当事務所にご相談いただきました。

結果

ご依頼前は後遺障害非該当でしたが、異議申立した結果14級9号に認定され、賠償金310万円を獲得することができました。

解決のポイント

~症状固定、後遺障害等級申請、非該当、実況見分調書~
Aさんは、症状固定後も身体の各所に痺れなどの症状が残存しており、後遺障害等級申請をしたものの、非該当との結果が出されました。そこで、実況見分調書の取得や、医療照会をするなどして資料を収集しました。また異議申立においては、資料に基づいて症状や事故状況などをより詳細に説明したことで、後遺障害14級を獲得することに成功しました。

~賠償請求、異議申立~
認定された後遺障害に基づいて賠償請求を行なった結果、Aさんにもご満足いただける結果を得ることができました。
後遺障害に認定されるかどうかで賠償金額が大きく変わるというのも事実であり、Aさんは症状固定後、残存した後遺障害のせいで仕事にも支障が出ているとのことでした。そのため、異議申立ではできるかぎりの調査を行ない、自賠請求に臨みました。
異議申立においてはどのような証拠となる資料を集めることができるか、そこからどのような主張ができるのかといったところに専門家の強みが出ます。被害者の方ご自身だけでは難しい面も多々ありますので、異議申立については弁護士などの専門家にご依頼されることをおすすめします。

関連する解決事例
[事例7] 取得金額 296 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて14級認定 賠償金約300万円獲得
[事例39] 取得金額 299 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
異議申立にて非該当から14級へ 賠償金大幅アップ
[事例41] 取得金額 462 万円
上肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
40代 男性  後遺障害非該当⇒異議申立にて14級が認定された
関連するよくある質問
[質問29] 弁護士特約ってなんですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。