むち打ち 後遺障害等級14級 示談交渉

50代男性会社員 後遺障害14級 弁護士基準満額にて即解決

[事例6]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
300
万円
300

獲得!
賠償金 提示前300万円300万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、胸椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7か月/治療終了
争点 示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、車を運転し高速道路で渋滞中の車列の最後尾に停止していたところ、相手車両がノーブレーキ後方から追突してきました。その結果、Aさんは、むち打ちを負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、治療終了後、相手保険会社から口頭にて210万円や240万円の示談金額を提示されたとのことでした。それが妥当かどうかを知りたいということで、ご相談いただきました。

結果

当事務所にて介入後、速やかに裁判基準による損害額を算定し、相手保険会社に請求をかけたところ、一発で請求額を認めるとの回答を得ることができました。なお金額としては、303万円を獲得しました。

解決のポイント

~弁護士介入のメリット~
本件では、当事務所にて計算した損害額を相手保険会社に書面で通知したところ、すぐさま全額認容するとの回答を得られた事案です。このように、保険会社は、交渉相手が被害者本人から弁護士に代わっただけで、特段渋ることなく、早期解決へ向けた建設的な態度を見せることがあります。当事務所としては、事件解決までの労力はさほどかかっておりませんが、迅速に解決できる可能性があることも、それはそれでご依頼いただいたメリットではあると考えています。

~裁判基準~
と申しますのも、一般の方では、相手保険会社が裁判基準による交渉に応じないことが大半です。したがって、ご自身で相手保険会社と交渉するよりも、弁護士を介して交渉した方が有利な結果を導き出せる可能性が高いと言えます。

関連する解決事例
[事例9] 取得金額 286 万円
下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉
50代男性 弁護士に依頼した結果、示談金100万円超UP
[事例82] 取得金額 340 万円
下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
50代会社員男性、後遺障害14級9号に認定され、賠償金340万円を獲得した事例
[事例86] 取得金額 300 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
50代会社員男性、むちうち受傷で後遺障害14級に認定、賠償金300万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。