むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉

後遺障害非該当から、異議申立てを行い、14級獲得 賠償金は240万円超

[事例50]
ご依頼者様 30代女性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
240
万円
240

獲得!
賠償金 提示前240万円240万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、右手打撲
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7か月/治療中
争点 後遺障害等級認定、弁護士費用特約、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、車両を運転し交差点に進入したところ、交差道路からの赤信号無視の相手車両に衝突され、むち打ち症などを負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、弁護士費用特約にご加入があり、実質的には弁護士費用の心配がありませんでした。また、ご自身で示談交渉を行うことに不安があったため、ご相談にいらっしゃいました。

結果

後遺障害は、当初の申請では、非該当でしたが、異議申立により14級を獲得することができました。その結果、治療中に内払いされていた休業損害などを除いて、240万円を超える賠償金を得ることができました。

解決のポイント

~症状固定、後遺障害認定、自賠責保険、裁判基準~
Aさんは、受傷後から約7か月で症状固定となり、依然として痺れなどの症状が残っていたため、後遺障害認定を求めて、当事務所から自賠責保険に申請をしました。しかし結果は非該当でした。再度診断書などの記録を精査、主治医に医療照会をするなどして異議申立をしたところ14級が認定されました。
その後の相手方保険会社との交渉は比較的スムーズであり、裁判基準による損害額を基礎に交渉を重ね、Aさんにご納得いただける額を獲得することができました。

~弁護士特約、着手金~
もし弁護士特約にご加入でしたら、ご加入の保険会社が原則300万円(契約内容によるかと思いますので、ご加入の保険会社にお問い合わせください。)まで、弁護士費用を負担してくれます。弁護士費用が300万円を超えるケースは、死亡事案や重度後遺障害の場合が想定されるかと思いますので、実質負担はあまりお気にされる必要はないでしょう。
弁護士特約にご加入がない場合でも、当事務所では、着手金をいただいておらず、解決後、賠償金の中から弁護士費用をいただくこととしていますので、初期費用がかかりません。お気軽にご相談ください。

関連する解決事例
[事例7] 取得金額 296 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて14級認定 賠償金約300万円獲得
[事例39] 取得金額 299 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
異議申立にて非該当から14級へ 賠償金大幅アップ
[事例41] 取得金額 462 万円
上肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
40代 男性  後遺障害非該当⇒異議申立にて14級が認定された
関連するよくある質問
[質問29] 弁護士特約ってなんですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。