むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉

40代会社員 後遺障害14級 賠償金318万円を獲得(当初提示より186万円UP)

[事例5]
ご依頼者様 40代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
130
万円
310
万円
180

増額!
賠償金 130万円310万円180万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、背部挫傷
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 8か月/治療終了
争点 示談金増額、弁護士費用特約、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

車を運転していたAさんは、赤信号で停止していたところ、後方より追突されてしまいました。その結果、むち打ちになりました。

ご相談いただいた背景

すでに後遺障害は14級が認定され、相手保険会社からの提示金額の妥当性を確認するためご相談にいらっしゃいました。相手保険会社からの提示は、自賠責保険金額のみでしたので、弁護士介入による増額のメリットが見込めたため、ご依頼いただくこととなりました。

結果

相手保険会社提示額から186万円増額させることができ、結果として318万円の金額を獲得することができました。

解決のポイント

~裁判基準、後遺障害慰謝料、逸失利益 ~
相手保険会社の後遺症部分についての当初提示額は、後遺障害慰謝料、逸失利益を合わせて自賠責保険金額の75万円のみでした。裁判基準を基礎に後遺障害等級14級に基づく逸失利益を計算し、慰謝料も裁判基準にて、ケガの部分と後遺障害部分を計上し、示談交渉を行いました。その結果、逸失利益は当方主張どおり、慰謝料については裁判基準の9割で示談が成立し、当初提示額よりも大幅に増額することができました。

~自賠責保険金額~
後遺障害が認定された場合、弁護士介入前に、保険会社が一般の被害者に提示してくる後遺障害部分の損害額は、自賠責保険の額のみであることが往々にしてあります。等級が重度になってきますと、自賠責保険金額だけでもある程度まとまった額になりますが、その額が適正なものかどうかについては、是非、弁護士にご相談いただいた方がよろしいかと思います。

関連する解決事例
[事例2] 取得金額 315 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
30代 男性 後遺障害等級14級 損保提示額から100万円以上のUPで300万円を獲得
[事例8] 取得金額 375 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 紛争処理センター
30代男性 後遺障害14級にて保険会社提示額から300万円超UPの賠償金を獲得
[事例29] 取得金額 315 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
30代男性会社員 休業損害「なし」でも、示談金300万円超
関連するよくある質問
[質問29] 弁護士特約ってなんですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。