むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉

非該当⇒異議申立にて14級獲得  既受領金除いて250万円余りを獲得

[事例48]
ご依頼者様 40代女性 (主婦)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
250
万円
250

獲得!
賠償金 提示前250万円250万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 強直性脊椎炎、頚椎捻挫、中心性頚髄損傷
受傷部位 むち打ち、背骨・体幹骨
治療期間/受任時の治療状況 8か月/治療中
争点 後遺障害等級認定、休業損害、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、車両に同乗中、後方より相手方車両に追突され、頚椎捻挫や中心性脊髄損傷などのケガを負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、まだ治療中でしたが、休業損害や通院交通費の内払請求の対応などについてご不安があったとのことで、相談にいらっしゃいました。

結果

治療終了後、後遺障害申請をしましたが、最初は非該当の回答でした。その後、異議申立を行い、14級の獲得に成功しました。その結果、250万円余りの賠償金を獲得することができました。

解決のポイント

~後遺障害等級、素因減額、自賠責基準~
Aさんは、今回の事故によって、体全体にダメージを受けていました。しかしAさんは以前にも事故に遭ったことがあり、そのとき14級が認定されたというご経験がありました。そのため、Aさんとしては、今回の事故で、後遺障害等級がつかないことがかなりご不満でした。
しかも、相手方保険会社は素因減額についても主張してきており、また、相手方の当初の金額提案も自賠責基準そのままであり、非常に低いものでした。

~被害者請求、素因減額、裁判基準、休業損害~
当事務所が介入してから、医師面談を複数回行ったうえで、問題点を把握し、意見書を添付して被害者請求をしました。その結果、前回14級認定がついていない部位について14級が認定されました。
そのうえで、相手方と交渉したところ、前回後遺障害部分と重複している部分が多かった傷害部分の素因減額については10%の減額がされたものの、①裁判基準の100パーセントの慰謝料(傷害分、後遺傷害分ともに)と、②100日分の主婦の休業損害、こちらの主張どおりの③後遺障害逸失利益を獲得しました。
交渉前に内払いされていた休業損害を含めないで、賠償金は250万円超ですから、実質的には300万円を超えた金額を獲得したという結果になりました。

関連する解決事例
[事例7] 取得金額 296 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて14級認定 賠償金約300万円獲得
[事例39] 取得金額 299 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
異議申立にて非該当から14級へ 賠償金大幅アップ
[事例41] 取得金額 462 万円
上肢 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 示談交渉
40代 男性  後遺障害非該当⇒異議申立にて14級が認定された
関連するよくある質問
[質問23] 私は個人事業主なのですが、休業損害はもらえるのでしょうか・・・?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。