むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉

会社役員 後遺障害非該当から14級へ

[事例40]
ご依頼者様 30代男性 (会社役員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
380
万円
380

獲得!
賠償金 提示前380万円380万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 6か月/治療中
争点 後遺障害等級認定、休業損害、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが、通話のため、車を道路端に停止していたところ、相手方車両が衝突してきました。その結果、Aさんは、頚椎、腰椎の捻挫を負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、会社の経営者であったため、適正な賠償金を受けられるか心配であったとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

結果

後遺障害の初回申請では非該当であったところ、その後、異議申立にて14級が認定されました。その結果、380万円超の示談金が獲得できました。

解決のポイント

~症状固定、自賠責保険、異議申立~
当事務所介入後に、症状固定となり、自覚症状が残っていたので、自賠責保険に後遺障害の申請をしましたところ、最初は非該当の結果でした。その後、主治医に医療照会を行い、Aさんに残る「痛み」が他覚的に裏付けのある症状であるとの回答を得ることができました。これを材料に、自賠責保険に異議申立を行ったところ、14級が認められました。

~逸失利益、休業損害~
Aさんは、代表取締役であり、減収がなかったため、逸失利益や休業損害について、相手方保険会社との交渉は難航しました。しかし、粘り強く相手方に対して主張を積み重ねた結果、逸失利益は満額、休業損害についても補償してもらうことに成功しました。

関連する解決事例
[事例3] 取得金額 205 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災
30代会社員 後遺障害14級にて200万円超の賠償金を獲得
[事例5] 取得金額 318 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 弁護士費用特約 示談交渉
40代会社員 後遺障害14級 賠償金318万円を獲得(当初提示より186万円UP)
[事例48] 取得金額 252 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉
非該当⇒異議申立にて14級獲得  既受領金除いて250万円余りを獲得
関連するよくある質問
[質問23] 私は個人事業主なのですが、休業損害はもらえるのでしょうか・・・?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。