むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災

30代会社員 後遺障害14級にて200万円超の賠償金を獲得

[事例3]
ご依頼者様 30代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
200
万円
200

獲得!
賠償金 提示前200万円200万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頭部打撲、頚椎捻挫、腰部捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7か月/治療中
争点 後遺障害等級認定、休業損害、労災
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

車を運転中だったAさんが赤信号にて停車していたところ、後方より追突被害に遭いました。その結果、Aさんは頚椎捻挫などのケガを負いました。

ご相談いただいた背景

相手保険会社から休業損害打ち切りの打診がありました。しかし、まだ働けない状態だったことから、ご相談いただきました。

結果

後遺障害は14級が獲得でき、相手保険会社からの示談金はおよそ130万円。このほかにすでに受領していた自賠責保険金が75万円ありましたので、合計200万円超の賠償金を得られました。労災から休業補償や一時金も得ていたので、実益はそれ以上であったと思われます。

解決のポイント

~労災への請求、後遺障害14級 ~
相手保険会社から休業損害の内払を続けてもらうのは難しかったですが、勤務中の事故で労災が使用可能であったことから、直ちに労災に休業補償給付の請求をするようアドバイスしました。
労災申請のサポートを弁護士が行い、その後は労災にて休業補償や治療費の支払を続けて受けることができました。後遺障害申請についても、弁護士がサポートを行った結果、14級の認定が受けられたうえ、最終的に支払われる賠償金額も増額させることができました。

~休業損害、労災使用 ~
復職ができない状態にも関わらず、相手保険会社が休業損害の内払いを強行に打ち切り、交渉の余地がないような状況でした。交渉では相手保険会社に支払いを強制することはできませんので、相手保険以外から回収する方法を検討せざるを得ませんでした。本件は、業務災害でしたので、労災が使えたため、労災使用が奏功した事案でした。

関連する解決事例
[事例4] 取得金額 326 万円
下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 休業損害 示談交渉 紛争処理センター
40代男性 男性でも専業主夫としての休業損害が認められた事例
[事例12] 取得金額 328 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災 示談交渉
後遺障害14級認定 休業損害の内払交渉難航するも、結果的には満額を獲得
[事例40] 取得金額 385 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉
会社役員 後遺障害非該当から14級へ
関連するよくある質問
[質問17] 車での通勤中、コンビニに寄ったときの交通事故でも、労災は使えますか?
[質問23] 私は個人事業主なのですが、休業損害はもらえるのでしょうか・・・?
[質問37] 労災で後遺障害等級認定された場合、自賠責でも同じ結果になりますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。