むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 過失割合 示談交渉

被害者側の過失を主張する相手に、被害者:加害者=0:10で解決

[事例208]
ご依頼者様 40代男性 (その他)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
370
万円
370

獲得!
賠償金 提示前370万円370万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫等
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 約8か月間/治療中
争点 示談金増額、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんはが、夫が運転するバイクに同乗中、停車していた車とすれ違う直前、同車のドアが突然ひらき接触・転倒したという事故。

ご相談いただいた背景

事故により怪我をして治療中(主症状はむち打ち)、相手方保険会社から、「そろそろ治療を打ち切りたい」との打診を受けるなどして、困ったということで相談いただきました。なお、過失割合については、1:9(被害者:加害者)を主張されていました。

結果

相手方の「被害者側の過失」の主張を封じ、0:10(被害者:加害者)で解決することができた。

解決のポイント

事故の内容からは、加害者の過失が9、被害者側(相談者と夫)の過失は1と見込まれる事案でした。

しかし、これはより正確にいうと、加害者:9、夫:1、相談者0です(相談者は運転していないので過失なし)。
つまり相談者は、加害者との関係では無過失なので、加害者には損害全部を請求できます。

ただ、加害者は、損害全部を支払ったら、そのうち1割は夫に求償できてしまうので、結局、最終的には、加害者:9、被害者側1との解決になってしまいます。

ところで、実はこのとき、夫の自賠責を使うことで、夫に求償されるはずの1割については補填可能です。
本件では、実際に自賠責を使うことで加害者への補填を行い、「被害者側の過失」の主張を封じ、0:10(被害者:加害者)で解決することができました。

関連する解決事例
[事例19] 取得金額 1,800 万円
頭部(脳) 背骨・体幹骨 後遺障害等級8級 示談金増額 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
高次脳機能障害を負った主婦が1800万円の賠償金を獲得、過失割合を無過失に
[事例87] 取得金額 230 万円
上肢 下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 過失割合 示談交渉
後遺障害14級に認定、当初提示額120万円から110万円増額となる230万円を獲得
[事例202] 取得金額 250 万円
下肢 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
50代男性会社員、逸失利益につき年数の延長・過失割合の減算に成功
関連するよくある質問
[質問15] 過失割合について揉めている相手方が治療費を出してくれません
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。