むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉

交通費・休業損害の大部分が認められ、獲得金額が大幅に増額

[事例179]
ご依頼者様 40代女性 (契約・派遣社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
150
万円
300
万円
150

増額!
賠償金 150万円300万円150万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 外傷性頚部症候群、腰椎捻挫
受傷部位 むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 不明/治療終了
争点 示談金増額、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 なし

事故発生状況

交差点内において、横断歩道を徒歩で渡っていたところ、後ろから来た右折車に激突された事故です。

ご相談いただいた背景

タクシーを使用して通院して良いと保険会社に言われたにもかかわらずタクシー使用の交通費がほぼ認められなかったこと、休業損害についても(ご依頼者様は派遣の会社員の方でした)事故発生の時期がたまたま派遣期間の終了する直前だったがために、派遣期間終了後の主婦としての休業損害が全く認めてもらえなかったこと、また、慰謝料の金額などもかなり低いと思われたことなどから、保険会社の対応に不信感が強く、当事務所にご相談に来られました。

結果

交通費については、タクシーの使用期間で当初相手保険会社とかなり見解の相違がありましたが、最終的にこちらの主張の大筋が認めてもらうことができました。

また、休業損害についても、派遣期間終了後については、主婦休損があり、その損害額は填補されるべき金額であることなどを主張した結果、保険会社の理解を得ることができ、その主張の大半を認めてもらうことができました。

さらに、慰謝料についてもこちらの主張した金額を得ることができたため、結果として、当初保険会社提示額のほぼ2倍の金額を得ることができました。

解決のポイント

ご依頼者様が抱いている金額の不満について、法律に照らせば、満額が認められるとはいえない可能性がありましたが、一方で全く認められないのは感覚的に絶対おかしいと思いました。

ご依頼者様の話を最初に聞いた際に、もしかすると保険会社の担当者がご依頼者様の負っている怪我に対する理解不足があり、事実誤認をしている可能性や資料などの見落としによる誤解などがあるのではないかと思いました。

そこで、ご依頼者様がご不満に思っている金額と保険会社が提示している金額の相違が大きいところについて、ご依頼者様の怪我の状況や治療状況を踏まえ、ご依頼者様の主張している事実を支える客観的証拠がないかを洗い出しました。

裁判例なども踏まえつつ、当方の主張が客観的資料と整合する説得的かつ合理的な主張を行えば、保険会社も納得し、その金額を出してくれると思ったからです。

ご依頼者様の怪我の状況や治療状況の検討を深く行い、資料を示しながら相手方保険会社と議論をした結果、当初の提示額のほぼ2倍の金額を得ることができ、ご依頼者様のご意向を叶えることができ、喜んでいただくことができました。

関連する解決事例
[事例4] 取得金額 326 万円
下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 休業損害 示談交渉 紛争処理センター
40代男性 男性でも専業主夫としての休業損害が認められた事例
[事例48] 取得金額 252 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉
非該当⇒異議申立にて14級獲得  既受領金除いて250万円余りを獲得
[事例73] 取得金額 360 万円
上肢 下肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 休業損害 示談交渉
保険会社からの提示100万円に対し、弁護士介入後に260万円増額の360万円を獲得
関連するよくある質問
[質問14] 結局、弁護士を入れると何かいいことはあるのですか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。