頭部(脳) 上肢 下肢 むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 示談交渉

パート主婦 主婦休損満額認定 後遺障害14級で500万円超の賠償金獲得

[事例15]
ご依頼者様 30代女性 (パート・アルバイト)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
500
万円
500

獲得!
賠償金 提示前500万円500万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎挫傷、脳震盪、右肩腕挫傷、大腿部打撲傷、
骨盤部打撲傷
受傷部位 頭部(脳)、上肢、下肢、むち打ち、背骨・体幹骨
治療期間/受任時の治療状況 1年/治療中
争点 後遺障害等級認定、休業損害、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合10%

事故発生状況

Aさんは、片側一車線の道路の左端を自転車で走行中、細い横道から一時停止をせず出てきた自動車に衝突されたもの。その結果、Aさんは、頚椎捻挫などのケガを負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、まだ通院中でしたが、休業損害の内払いや過失割合、今後の後遺障害認定、そして保険会社との対応に不安を感じ、ご相談いただきました。治療中でしたので、費用対効果の面では、弁護士介入のメリットの判断ができませんでしたが、お金の問題ではなく、保険会社とのやりとりなどの煩わしさや不安を少しでも解消できれば構わないということで、ご依頼いただきました。

結果

後遺障害は14級が認定され、示談金は500万円を超えました。

解決のポイント

~過失、自由診療、健康保険~
まず、Aさんにも、過失がありそうな事案だったので、治療費については自由診療から健康保険に切り替えてもらいました。被害者側に過失がある場合には、被害者も過失分の損害を負担しなくてはなりません。これは慰謝料などだけでなく、治療費についても同様です。したがいまして、治療費の持ち出しを少しでも減らせるよう健康保険に切り替えることも検討すべき場合があります。

~休業損害、賃金センサス、後遺障害認定~
休業損害について内払いは継続できなかったものの、傷害部分の示談においては、賃金センサスの主婦休損単価で実通院日数分全ての休業損害が認めらました。結局、休業損害はパートの実減収以上の賠償額を回収できたことになります。
後遺障害認定について、当初事前認定で非該当だったところ、主治医に医療照会を行い、その回答などを材料に異議申立を行いました。治療期間中の症状の酷さや、現在も重篤な症状が出ていることをアピールしたことから、14級の認定を受けることができました。

関連する解決事例
[事例12] 取得金額 328 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 労災 示談交渉
後遺障害14級認定 休業損害の内払交渉難航するも、結果的には満額を獲得
[事例21] 取得金額 397 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 弁護士費用特約 示談交渉
30代パート主婦 主婦休損と後遺障害14級にて約400万円の賠償金
[事例63] 取得金額 320 万円
上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 弁護士費用特約 示談交渉
50代女性兼業主婦 後遺障害14級9号に認定され、賠償金320万円を獲得
関連するよくある質問
[質問23] 私は個人事業主なのですが、休業損害はもらえるのでしょうか・・・?
[質問24] 私は専業主婦なのですが、そもそも休業損害という概念はあるのでしょうか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。