下肢 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉

50代会社員、過失割合を5%減算し、賠償金230万円獲得

[事例135]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
230
万円
230

獲得!
賠償金 提示前230万円230万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 左膝部捻挫、瘢痕、外傷性色素沈着等
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 約8か月間/治療終了
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 10%

事故発生状況

Aさんが、交差点をバイクで直進していたところ、右折しようとした対向車が早回り右折をしたため、正面衝突に遭ってしまったという事故。

ご相談いただいた背景

損保提示の過失割合である15:85が気に入らない、膝が完全に伸び切らない状況が続いていること、右足に大きな傷痕が残ったため、後遺障害の認定を取って欲しいとのご要望で、ご相談いただきました。

結果

過失割合については、鋭意交渉を行った結果、早回り右折について5パーセント過失を取ってもらうことができた。その結果、過失割合は、10:90(Aさん:相手方)にすることができました。

また、後遺障害の認定については、下肢のキズ痕で14級を獲得することができ、示談金は230万円超と、全体として喜んで頂くことができました。

解決のポイント

下肢のキズ痕で、14級の認定を取ることができたのは大きかったと思います。それが取れた時点で、Aさんは、かなり満足されたご様子でした。

その後の交渉においては、加えて、過失割合で、相手方の早回り右折で5パーセントをとらせることができました。過失割合を変更させた意義も大きいと思われます。

結果として、230万円ほどの示談金を獲得することができました。

関連する解決事例
[事例92] 取得金額 260 万円
下肢 むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 休業損害 弁護士費用特約 示談交渉
30代自営業者男性、後遺障害14級に認定され、賠償金260万円を獲得した事例
[事例95] 取得金額 290 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
30代男性、当初、後遺障害非該当→異議申立で14級認定、賠償金290万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。