上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 示談交渉

交渉の結果、傷害慰謝料・後遺傷害慰謝料・後遺障害逸失利益がアップ

[事例128]
ご依頼者様 30代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
340
万円
340

獲得!
賠償金 提示前340万円340万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫・腰部・右肩・右肘挫傷
受傷部位 上肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 約1年/治療中
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 なし

事故発生状況

Aさんは、車を運転しているとき、加害車両に追突され受傷しました。

ご相談いただいた背景

治療中ではありましたが、示談についてご不安がある等の事情でご相談いただきました。弁護士費用特約にご加入でしたので、弁護士費用との費用対効果を気にすることなく、お引き受けをすることができました。

結果

当事務所からの請求に対する相手保険会社の当初の回答は、傷害・後遺障害いずれの慰謝料も弁護士基準の8割、逸失利益計算の際の労働能力喪失期間は3年という厳しいものでした。

結果として、いずれの慰謝料も増額し、労働能力喪失期間も5年として計算した金額での示談となりました。

解決のポイント

ご依頼者様の精神的苦痛の慰謝のためには8割では足りないことや、併合14級(頸部・腰部それぞれ14級9号)であることから労働能力喪失期間も5年を下回ることはないとする交渉を行うことで、今回の解決に至りました。

示談金も、自賠責保険金額を含めて340万円を超える金額を獲得できましたので、Aさんには喜んでいただくことができました。

関連する解決事例
[事例75] 取得金額 300 万円
むち打ち 胸腹部臓器 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 示談交渉
20代男性 後遺障害非該当から異議申立で14級9号に認定、賠償金300万円を獲得
[事例91] 取得金額 310 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 治療費打ち切り 示談交渉
30代男性、後遺障害非該当→異議申立で14級9号に認定、賠償金310万円を獲得
[事例93] 取得金額 290 万円
下肢 後遺障害等級14級 示談金増額 示談交渉
後遺障害14級、当初提示額140万円→弁護士介入で150万円増額の290万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。