上肢 むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 後遺障害等級認定 示談交渉

主婦、異議申立てにて後遺障害等級獲得、損保提示額から約300万円の増額

[事例105]
ご依頼者様 50代女性 (主婦)
保険会社の提示額
ご依頼後
60
万円
350
万円
290

増額!
賠償金 60万円350万円290万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級14級
症状 頚椎捻挫、腰椎捻挫
受傷部位 上肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 7か月/治療終了
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんは、車を運転し信号待ちの最中に後ろから追突され、むち打ち症等のケガを負いました。

ご相談いただいた背景

Aさん自身が、通院終了後に後遺障害の申請をしたところ、非該当との結果になってしまっていました。Aさんは、その結果に納得できず、当事務所に相談いただきました。

結果

当事務所介入前は、後遺障害が非該当でしたので、後遺障害の損害について当然ゼロであったところ、当事務所での異議申立てによって、後遺障害が認定されたので、後遺障害部分の損害は丸々増額というかたちなりました。

解決のポイント

本件では、受任後に、後遺障害の異議申立をするために、Aさんが通院していた整形外科の医師に医療照会をして、Aさんの症状の推移等について詳細な診断書を書いてもらいました。

この診断書に基づいて、異議申立をしたところ、従前の「非該当」との判断が覆り、後遺障害14級の認定を受けることができました。そして、この判断を前提に、相手保険会社との間で賠償額の交渉をしたところ、慰謝料については、裁判基準額の約9割の金額で示談することができました。

その結果、相手方保険会社提示から約300万円もの増額をすることができ、Aさんには大変喜んでいただくことができました。

関連する解決事例
[事例50] 取得金額 244 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
後遺障害非該当から、異議申立てを行い、14級獲得 賠償金は240万円超
[事例91] 取得金額 310 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 治療費打ち切り 示談交渉
30代男性、後遺障害非該当→異議申立で14級9号に認定、賠償金310万円を獲得
[事例95] 取得金額 290 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
30代男性、当初、後遺障害非該当→異議申立で14級認定、賠償金290万円を獲得
関連するよくある質問
[質問24] 私は専業主婦なのですが、そもそも休業損害という概念はあるのでしょうか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問52] 異議申立は有料ですか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。