下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 過失割合 示談交渉

20代男性、右足舟状骨骨挫傷などにて後遺障害12級13号認定→550万円を獲得

[事例76]
ご依頼者様 20代男性 (その他)
保険会社の提示額
ご依頼後
270
万円
560
万円
290

増額!
賠償金 270万円560万円290万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状 歯根破折、顔面挫創、右足舟状骨骨挫傷、
右足立方骨骨挫傷等
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 7ヵ月/治療終了
争点 示談金増額、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合30%→20%

事故発生状況

Aさんが自転車で交差点を直進通行中、交差点左方から交差点に直進してきた車と接触してしまった事故です。

ご相談いただいた背景

「示談金が妥当か知りたい。」「交渉前は過失割合が1:9だったのに、その後3:7だと相手方から主張されていて納得できない。」とのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

結果

当初、保険会社が提示してきた金額270万円に対し、弁護士が交渉した結果、290万円の増額となる560万円で解決することができました。

解決のポイント

~後遺障害認定、過失割合、実況見分調書、醜状傷害、賃金センサス~
本件は、ご相談時点で、すでに後遺障害認定され、金額の提示も出ていた状態で、そのご依頼を受けたという事案です。
本件のポイントとしては、①交渉前、1:9だったのに、3:7主張をされたという過失割合の点、②逸失利益、③逸失利益の基礎年収などです、
① については、実況見分調書を確認したところ、基本3:7は変わらない様子でした。ただ、加害車のスピードなど、
資料上出てきた情報を元に交渉した結果、2:8にすることができました。
② については、醜状障害における等級が一番高いものでしたので、労働能力喪失期間が問題になりましたが、神
経症状の最大と同じ10年で収まることができました。
③については、基礎年収の点についての資料を提出することができませんでしたが、賃金センサスを基に交渉していった結果、ある程度の年収を資料なしで認めてもらえたため、②と相まって、かなり高額な金額を獲得することができました。
本件は、訴訟であれば、資料を厳密に求められる場合であっても、交渉であれば柔軟に解決ができるという好例だったと思います。

関連する解決事例
[事例1] 取得金額 357 万円
下肢 背骨・体幹骨 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
80代男性 可動域制限で後遺障害12級 賠償金350万円超を獲得した事例
[事例45] 取得金額 610 万円
下肢 むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 労災 弁護士費用特約 示談交渉
40代 男性 足関節の神経症状で12級認定。賠償金600万円超獲得
[事例46] 取得金額 1,050 万円
下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 過失割合 示談交渉
後遺障害12級。低額な相手保険会社提示額から600万円弱引き上げた。
関連するよくある質問
[質問15] 過失割合について揉めている相手方が治療費を出してくれません
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。