上肢 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 示談交渉

後遺障害14級の神経症状から、異議申立にて12級の可動域制限が認められた

[事例49]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
1,130
万円
1,130

獲得!
賠償金 提示前1,130万円1,130万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状
片方の腕の肘肩手首の関節のうち1つの関節の動きが悪くなった
受傷部位 上肢
治療期間/受任時の治療状況 3年7か月/治療終了
争点 後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 過失割合10%

事故発生状況

Aさんが、自動車を運転し、優先道路を走行し交差点を通過中に、交差道路から相手方車両に側面を衝突されたという事故です。その結果、Aさんは肩の腱板断裂などの傷病を負いました。

ご相談いただいた背景

Aさんは、当事務所介入前に、肩の痛みについて後遺障害14級が認定されていました。しかし、痛み以外にも、肩の動きが事故前よりも悪くなっていると感じており、また、腱板損傷という傷病も評価されていないのではないかと、自賠責保険の等級判断に疑問を抱き、当事務所にご相談いただきました。

結果

後遺障害等級が、肩の痛みのみ認定の14級であったところ、異議申立てを行うことによって、肩の可動域制限まで後遺障害等級認定され、12級への引き上げに成功しました。その結果、賠償金1100万円超という高額にて解決することができました。

解決のポイント

~診断書、自賠責保険の後遺障害、医療照会、~
診断書では、腱板損傷の記載があったのですが、自賠責保険の後遺障害の判断は、肩の「痛み」のみについて認定するというものでした。腱板損傷が画像上、明らかなのか、本件外傷によって生じたものなのかを医学的に明らかにするために、医療照会という方法をとりました。これは、主治医に対して書面にて医学的な質問をし、その主治医から回答をいただくというものです。

~可動域制限、異議申立~
その結果、外傷による腱板損傷、可動域制限を立証できる程度の証拠を得られましたので、これを根拠に、自賠責保険に異議申立を行ったところ、狙いどおり、可動域制限について12級を獲得することができました。
本件では、当事務所介入前に、相手保険会社から提示が出ていたわけではなかったので、具体的にいくら増額できたかということは明らかではありませんが、14級の損害額と12級のそれでは、前提となる基礎がかなり異なりますので、金額としては雲泥の差になってきます。
結果として、自賠責保険金、相手保険会社からの示談金を合わせて1100万円超の金額を獲得するに至りました。

関連する解決事例
[事例33] 取得金額 473 万円
むち打ち 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 示談交渉
後遺障害非該当から異議申立にて12級認定 示談交渉の段取りで作戦勝ち
[事例94] 取得金額 610 万円
上肢 下肢 胸腹部臓器 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 示談交渉
50代会社員男性、後遺障害併合12級に認定され、賠償金610万円を獲得した事例
[事例99] 取得金額 560 万円
下肢 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
60代男性、右足関節内果骨折などで後遺障害12級13号に認定され560万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。