下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 示談交渉

「弁護士介入」ということ自体に効果があり、示談金400万円超獲得

[事例47]
ご依頼者様 60代男性 (パート・アルバイト)
保険会社の提示額
ご依頼後
340
万円
450
万円
110

増額!
賠償金 340万円450万円110万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状 左下肢欠損機能障害、左下肢短縮/過成長障害、
左下肢変形障害、左膝関節の神経症状
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 9か月/治療終了
争点 示談金増額、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

自転車で走行中、丁字路交差点を右折してきた相手車両に巻き込まれたという事故です。その結果、Aさんは、足の骨折などの重傷を負いました。

ご相談いただいた背景

保険会社から示談金の提示が口頭であり、その金額に納得がいかず、ご相談にいらっしゃいました。

結果

当事務所にて介入したとたん裁判基準での話になり、400万円超の賠償金を獲得することができました。

解決のポイント

~裁判基準~
当初、Aさんに、相手保険会社から口頭で金額が伝えられていたようです。その額は、弁護士から見ますとだいぶ低い額でした。口頭でざっくりした金額のみの提示でしたので、詳細は不明でしたが、当事務所が介入しますと、すぐさま相手方保険会社は裁判基準による交渉に応じてきました。

~後遺障害、裁判基準~
現職の休業や、今後、後遺障害による就労への支障など、当初から保険会社を説得するための資料を十分に収集して提示したため、交渉段階で裁判基準のほぼ満額の示談金を早期に回収することができました。
このように弁護士介入しますと、交渉できる金額の基準そのものが高額になりますので、弁護士介入自体が功を奏した事案でした。

関連する解決事例
[事例10] 取得金額 1,000 万円
上肢 下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 労働能力の喪失 示談交渉
男性・会社役員 可動域制限で後遺障害12級認定、賠償金1000万円獲得した事例
[事例44] 取得金額 615 万円
下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 労働能力の喪失 示談交渉
後遺障害12級 保険会社提示額から370万円超増額し、610万円超で解決した事例
[事例46] 取得金額 1,050 万円
下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 過失割合 示談交渉
後遺障害12級。低額な相手保険会社提示額から600万円弱引き上げた。
関連するよくある質問
[質問14] 結局、弁護士を入れると何かいいことはあるのですか?
[質問21] 交通事故で破けた服や壊れたPCについて、その分の賠償はしてもらえますか?
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。