下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 示談交渉

外貌醜状12級と神経症状14級の併合12級|賠償金800万円を獲得

[事例178]
ご依頼者様 50代男性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
800
万円
800

獲得!
賠償金 提示前800万円800万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状 膝蓋骨骨折、前額部挫創
受傷部位 顔、下肢
治療期間/受任時の治療状況 約1年間/治療終了
争点 示談金増額、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 10%

事故発生状況

信号のある交差点において、青信号を直進しようとした被害車両に対し、対向車が前方不注意のまま右折をしてきたため衝突した事故です。

ご相談いただいた背景

弁護士介入前に後遺障害12級の認定を受けていたが、この認定が妥当なものであるのかを知りたい、また今後の賠償金請求について弁護士を介入させたいとのことでご来所されました。

結果

訴訟になった場合には14等級に基づく逸失利益も考えられるところ、12等級の労働能力喪失率14%で、労働喪失期間5年での逸失利益を認めさせることができました。

解決のポイント

本件後遺症は、神経症状による14等級と、外貌の傷痕による併合の12等級が認められたものでした。

被害者の職種は外貌が関係ないものであったことから、相手方が保険会社は当初14級の逸失利益(5%5年)を主張してきたところ、現在の仕事に対する支障や、外貌により若干の不都合が生じていることを丁寧に説明することで、最終的に14%5年の逸失利益を認めさせることができました。

関連する解決事例
[事例94] 取得金額 610 万円
上肢 下肢 胸腹部臓器 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 示談交渉
50代会社員男性、後遺障害併合12級に認定され、賠償金610万円を獲得した事例
[事例99] 取得金額 560 万円
下肢 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
60代男性、右足関節内果骨折などで後遺障害12級13号に認定され560万円を獲得
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。