背骨・体幹骨 後遺障害等級11級 示談金増額 示談交渉

50代脊柱変形で後遺障害11級 示談金1200万円獲得した事例

[事例37]
ご依頼者様 50代女性 (主婦)
保険会社の提示額
ご依頼後
460
万円
1,200
万円
740

増額!
賠償金 460万円1,200万円740万円増額
後遺障害等級 後遺障害等級11級
症状 腰部挫傷、第2腰椎圧迫骨折
受傷部位 背骨・体幹骨
治療期間/受任時の治療状況 8か月/治療終了
争点 示談金増額、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 無し

事故発生状況

Aさんが、自転車で交差点上の歩行者用横断歩道を青信号で渡っているときに、同一方向から交差点に進入してきた加害車両が左折し、Aさんを巻き込んで衝突したという事故です。その結果、Aさんは、腰椎圧迫骨折などの重傷を負いました。

ご相談いただいた背景

治療終了後、相手保険会社から賠償金の提示があったものの、Aさんは、その提案内容が妥当なものであるかどうか疑問に思い、適正な金額の賠償を求めるため、ご相談にいらっしゃいました。

結果

保険会社の提示額460万円に対し、弁護士介入後、粘り強く交渉を続けた結果、1200万円で解決することができました。

解決のポイント

~自賠責保険、裁判基準、後遺障害等級~
保険会社は自賠責保険の範囲内での賠償金の提案を行ってくることが通常です。弁護士をいれれば一番高額とされる裁判基準での交渉が可能です。本件も当事務所介入前にAさんに提示された金額は、自賠責保険の範囲内での提案でした。本件では、後遺障害等級も認定されていたため、保険会社提示額と裁判基準とのかい離がかなりありました。そこで適正な金額への増額交渉に努めました。

~逸失利益、労働能力、賠償金~
また、11級7号の認定根拠が、「せき柱の変形」であったため、裁判上、逸失利益の場面で労働能力への影響は小さいものと評価されがちでありますので、本人の事情を聴きとり、労働能力への影響を説得的に述べ適正な金額の賠償がなされるように努めました。その結果、適正な賠償金を獲得することができました。

関連する解決事例
[事例36] 取得金額 255 万円
下肢 後遺障害等級11級 示談金増額 示談交渉
可動域制限などの後遺障害を負い併合11級 賠償金2500万円超獲得した事例
[事例57] 取得金額 1,460 万円
背骨・体幹骨 後遺障害等級11級 示談金増額 過失割合 示談交渉
脊柱変形で11級 当初提示額860万円に対し、弁護士介入後、1460万円程度を獲得
[事例61] 取得金額 760 万円
むち打ち 背骨・体幹骨 後遺障害等級11級 後遺障害等級認定 示談交渉
60代女性 鎖骨変形などで後遺障害11級 示談金約760万円を獲得した事例
関連するよくある質問
[質問12] 信号待ちで後ろから追突された場合、加害者に何を請求できますか?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
[質問40] 後遺障害等級が認定された場合の損害賠償の項目は?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。