下肢 後遺障害等級10級 示談金増額 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉

20代アルバイト男性 後遺障害10級を獲得した事例

[事例173]
ご依頼者様 20代男性 (パート・アルバイト)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
2,800
万円
2,800

獲得!
賠償金 提示前2,800万円2,800万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級10級
症状 股関節脱臼骨折
受傷部位 下肢
治療期間/受任時の治療状況 約1年6ヶ月/治療中
争点 示談金増額、後遺障害等級認定、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 5%

事故発生状況

ご依頼者がバイクに乗り、十字路を直進するために走行していると、対向車線から進行してきた自動車が右折をしてきて衝突した事故。

ご相談いただいた背景

骨折を伴う重傷で、股関節等の後遺障害が見込まれるほどの傷害を負ったため、適正な賠償を受けられるかご不安でご両親が相談に来られました。

ご本人は入院中のため、最初の相談には同席できなかったので、後日、弁護士が入院先の病院に赴き、ご本人・ご両親とともに法律相談を行いました。

結果

治療終了後の後遺障害等級調査では、ご依頼者の身体に残存してしまった障害に見合う等級認定を受けることができました。
そのうえで、相手方保険会社に対して、損害賠償の請求を行いました。

まず、後遺障害慰謝料について、後遺障害等級10級の基準となる金額に加えて、将来的にも定期的な治療を余儀なくされる障害が残存したことを医療記録とともに主張したところ、本来の基準よりも1割増額した金額の賠償を受けることができました。

次に、逸失利益について、ご依頼者が20代半ばで若年者であることから、今後、収入が増額する可能性が高いと主張し、事故前の年収よりも高額に基礎年収を算定して、請求をしました。
当初の相手方保険会社の回答では、事故前の年収を上回る基礎年収を認定したものの、それでも不十分な額であると考えられたため、交渉を継続したところ、更に増額した金額を基礎年収として、逸失利益を獲得することができました。

また、バリアフリー化のために行った自宅の改造工事費用については、当初、相手方保険会社は全額を損害として認めなかったが、交渉の末、一部については賠償を受けることができました。

過失割合についても、本件独自の事故状況にあることを主張し、基本割合よりも10%、ご依頼者に有利な過失割合で示談をすることができました。

解決のポイント

本件では、将来にわたる長い期間、障害により不自由な生活を余儀なくされるご依頼者の負担に十分見合う補償を受けるため、粘り強く交渉をしました。

そして、上述のような交渉の末、相手方保険会社の弁護士との交渉当初の回答額から300万円以上の増額を得ることができました。

関連する解決事例
[事例55] 取得金額 1,230 万円
下肢 後遺障害等級10級 示談金増額 労働能力の喪失 示談交渉
30代男性 関節可動域制限で後遺障害10級 弁護士介入後⇒約900万円増額
[事例56] 取得金額 1,840 万円
上肢 胸腹部臓器 後遺障害等級10級 示談金増額 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
40代男性 肩関節可動域制限で後遺障害10級 示談金約1830万円を獲得した事例
[事例60] 取得金額 1,460 万円
上肢 下肢 むち打ち 胸腹部臓器 後遺障害等級10級 後遺障害等級認定 弁護士費用特約 示談交渉
40代男性 脊柱変形、神経症状等で後遺障害併合10級 示談金約1460万円を獲得した事例
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問33] 後遺症が残っていれば必ず後遺障害等級認定を受けられますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。