損害賠償請求に関する質問

Q

結局、弁護士を入れると何かいいことはあるのですか?

A

保険会社と交渉する場合においても、無保険(もしくは自賠責のみにしか加入していない)の加害者本人と交渉する場合でも、弁護士を入れるメリットは少なくないです。
まず、保険会社との交渉については、慰謝料の金額面での交渉につきメリットがあります。保険会社は保険会社独自の基準に基づき慰謝料を提示してきますが、弁護士が入った場合には、裁判において請求できる金額(「裁判基準」と言われています。)を基に交渉を行います。両者の間には、場合によっては倍以上の差が出ることもあり、最終的な和解の金額も大きな差が出ることも多いです。
また、保険会社の担当者は当然交通事故の知識も豊富であり、専門用語を多く用いてきたり、高圧的に交渉を進めてくるような場合もあります。このような交渉の窓口に弁護士を入れるということは、被害者に知識がなかったり、言いくるめられてしまったがために不利な条件をのんでしまうということはなくなるということも、大きなメリットと言えるでしょう。
加害者本人との交渉のときでも、加害者から連絡が帰ってこなかったり、当事者同士ではどうしても感情的になってしまうこともあるかと思いますが、間に弁護士が入ることで、裁判基準により適切に請求をすることができます。もし、弁護士相手でも返答がないなどの場合には、訴訟の提起なども含め、徹底的に争うことも可能です。

[質問 14]
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。