治療に関する質問

Q

保険会社から治療費打ち切りの宣告があっても、治療を継続してもよいですか?

A

保険会社から治療費の打ち切りを宣告されてしまったとしても、ご自身の担当医師が「まだ治療を続けた方がいい」と言っている場合、治療を続けること自体は構いません。本来治療を終了すべきかどうかについて、最も大きな発言権を持つのは、保険会社ではなく、担当医師のはずです。よって、その医師が治療を続けるべきと言えば、治療を続けること自体に問題ありません。とはいえ、保険会社が一度治療費を打ち切ってしまえば、それ以降の治療費は被害者が払うしかありません。この期間につき、たとえばご自身の人傷保険が使えたり、労災により治療費のねん出ができるのであれば問題はありませんが、このようなものが使えない場合には、健康保険を用いて被害者自身に一度立替払いをしていただき、治療終了後に保険会社に請求するという流れになります。しかし、一度打ち切った治療費を保険会社が後から出してくれるということは滅多になく、本当に請求しようと思ったら、訴訟の提起や紛争処理センターへの和解のあっせん申立が必要になることが多いです。
なお、治療費の打ち切りの打診が保険会社からあった際には、早急に弁護士に相談することをおすすめします。というのもの、弁護士が介入し、保険会社と交渉することで、治療費の一括払いを延長できたという事例も多く存在するからです(必ず延長できる、というわけではないのでこの点には注意が必要です。)。

[質問 26]
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。