むち打ち

むち打ちの後遺障害認定|12級・14級の違い

むちうちの後遺障害認定|12級・14級の違い

むち打ち症は、交通事故で最も多い後遺障害と言われています。

むち打ち症で後遺障害に認定される場合には、通常は12級か14級の等級になります。

ここでは、むち打ち症で12級に認定された場合と、14級に認定された場合の違いについて説明します。

1.12級と14級の後遺障害等級による違い

(1) むち打ち症で認定される可能性がある等級

交通事故のよくある後遺障害として、むち打ち症があります。

むち打ち症になったからと言って必ず後遺障害の認定が受けられるわけではありませんが、認定申請をすれば、12級または14級に認定される可能性があります。

なお、後遺障害では等級に応じて賠償金額が違いますから、むち打ち症でどの等級に認定されるかは大きな問題です。

(2) 後遺障害に認定されると得られる賠償金とは?

交通事故でケガをすると、加害者側の保険会社からケガの治療費や入通院慰謝料を払ってもらえます。

ケガが治らず後遺症になった場合には、症状固定後に後遺障害認定を受けることで、ケガに対する賠償金とは別に後遺障害に対する賠償金を払ってもらえます。

後遺障害に対する賠償金は、主に、後遺障害慰謝料と逸失利益になります。

①遺障害慰謝料は等級によって変わる

後遺障害慰謝料は、後遺障害を負ったという精神的苦痛に対して、加害者がお金を払って償うものです。

精神的苦痛をお金に換算するのは難しいため、後遺障害慰謝料については、等級別に設けられている基準をもとに支払金額が決まります。

後遺障害慰謝料の基準では、等級が上がるほど慰謝料の金額が大きくなり、同じ等級であれば基本的に金額は同じです。

②逸失利益も等級によって違いが生じる

逸失利益は、事故に遭わなかったら得られたはずの収入のことで、次の計算式で計算します。

逸失利益=基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

基礎収入とは、事故当時に得ていた収入、労働能力喪失率は働けなくなった度合い、労働能力喪失期間は原則的に67歳までの期間です。

収入や年齢は人によって様々ですが、労働能力喪失率は等級によって基準が定められています。

つまり、同じ人の場合、どの等級に認定されるかによって、逸失利益の金額が変わるということです。

(3) 後遺障害慰謝料の3つの基準とは?

後遺障害慰謝料について考える際には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)という3つの基準が存在していることを知っておく必要があります。

後遺障害慰謝料は、どの基準によるかで金額が変わってきます。

①自賠責基準

自賠責保険から支払われる金額です。自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の補償を行うことを目的にしています。

後遺障害に認定されると、少なくとも自賠責基準の後遺障害慰謝料はもらえることになります。

②任意保険基準

任意保険会社で社内基準とされているもので、非公開となっています。

任意保険は自賠責保険で足りない分を補償するものですから、任意保険基準は自賠責基準よりは高い金額になります。

③弁護士基準

過去の裁判例をもとに導き出された基準で、裁判になった場合に獲得できると思われる慰謝料の金額です。

3つの基準の中で最も高額になります。

(4) むち打ち症の後遺障害慰謝料と逸失利益の等級による違い

①12級の後遺障害慰謝料と逸失利益

12級の後遺障害慰謝料は、自賠責基準では93万円、弁護士基準では290万円です。また、逸失利益計算の際の労働能力喪失率は12級では14%です。

なお、自賠責保険から支払われる保険金額には上限が定められており、12級の場合には224万円となっています。

むち打ち症で12級に認定された場合、後遺障害に対する賠償金としてトータル224万円までは自賠責保険から払ってもらえますが、それで足りない分は任意保険に払ってもらう必要があります。

②14級の後遺障害慰謝料と逸失利益

14級の後遺障害慰謝料は、自賠責基準では32万円、弁護士基準では110万円です。14級の労働能力喪失率は、5%とされています。

なお、14級に認定された場合の自賠責の保険金上限額は75万円です。

③12級と14級で慰謝料額はどれくらいの違いがある?

むち打ち症で12級に認定されるのと14級に認定されるのとでは、後遺障害慰謝料の額は自賠責基準で61万円、弁護士基準で180万円の違いがあります。

最も後遺障害慰謝料の金額が多くなるのは12級で弁護士基準の慰謝料額を得た場合ですが、14級で自賠責基準の慰謝料額しか得られない場合と比べると、258万円の違いがあります。

2.12級と14級の後遺障害の症状とは?

(1) 神経症状とは

むち打ち症は、後遺障害等級表(自賠法施行令別表第二)12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」または14級9号の「局部に神経症状を残すもの」に該当する可能性があります。

神経症状とは、神経が圧迫されることにより発生する痛み、しびれ、コリ、だるさなどの症状全般を言います。

(2) 12級に認定される症状とは?

むち打ち症で12級に認定される症状について、明確な基準があるわけではありません。

しかし、少なくとも後遺症が画像所見などの「他覚的所見」により医学的に証明できるものであることが必要と考えられています。

レントゲンやCT、MRIなどの画像により客観的に説明できる症状でなければ、12級には認定されないのが通常です。

自覚症状はあっても他覚的所見がない場合、14級であれば認定を受けられる可能性があります。

(3) 14級に認定される症状とは?

むち打ち症で後遺障害に認定される場合には、14級とされることが圧倒的に多くなっています。

14級に認定されるには、単に自覚症状があるだけではダメで、少なくとも「神経学的所見」に異常がみられることが必要と考えられています。

神経学的所見とは、神経学的な検査によって、神経障害を医学的に証明することです。

ケガをしたときから一貫性が認められる症状があり、自覚症状と神経学的所見が一致する場合には、14級として後遺障害に認定される可能性があります。

3.非該当とされるケース

交通事故でむち打ち症になり、後遺障害認定を申請しても、非該当となり、認定を受けられないケースもあります。

非該当とされるのは、次のようなケースになります。また「後遺障害認定が非該当になる理由とは?正しい認定を受けるために」のコラムもご覧ください。

(1) 事故態様が軽微

軽微な事故の場合には、むち打ち症になったと言っても、非該当とされることがあります。

たとえば、明らかにスピードの遅い車に追突された場合には、むち打ち症になる可能性が低いからです。

(2) 通院実績に乏しい

後遺障害の認定を受けるには、事故直後から継続して医療機関を受診していることが必要です。

通院頻度が低かったり、通院していない期間が長かったりすれば、非該当とされてしまいます。

病院で検査を受けておらず、整骨院でしか治療を受けていないような場合にも、非該当になる可能性が高くなります。

(3) 症状の一貫性・連続性がない

後遺障害として認められるには、事故直後から症状固定までの症状に一貫性や連続性が必要です。

たとえば、症状がある部位がコロコロ変わっているような場合には、非該当となる可能性があります。

(4) 症状の重篤性・常時性がない

軽い症状の場合には、後遺障害とはされません。

また、後遺障害とされるには、その症状が常に起こるものでなければならず、たまにしか症状が出ないようなら非該当となってしまいます。

(5) 事故直後に通院していない

事故直後に医療機関で検査を受けていない場合にも、非該当となる可能性が高くなります。

むち打ち症の場合には時間が経ってから症状が出ることが多いですが、事故から最初の受診までの時間が長くなれば、後遺障害として認められにくくなります。

(6) 人身事故扱いしていない

交通事故を人身事故として届出していない場合でも、保険会社から治療費等の支払いは受けられますが、後遺障害に認定される可能性は低くなってしまいます。

人身事故扱いしていないということは、ケガの程度もそれほどではなかったと考えられるからです。

(7) 既往症がある

交通事故以前から首や背中、腰などに神経症状があり、通院歴があるような場合には、交通事故の後遺障害かどうかわかりませんから、非該当となる可能性があります。

(8) 同一部位で後遺障害認定を受けている

以前にも交通事故に遭って後遺障害認定を受けたことがある場合、再度の事故で同一の部位に後遺障害が残っても、同一の等級での後遺障害認定は受けられません。

前回の交通事故で14級に認定されている場合には、上位の等級である12級には認定されることがあります。

ただし、むち打ち症で12級に認定されるケースは少ないため、同一部位の場合には非該当となる可能性が高いでしょう。

4.むち打ち症で後遺障害認定を得るためにすべきこと

むち打ち症は、外見からはわかりにくいですが、症状を感じている本人は大変な辛さを感じているはずです。

交通事故のせいでむち打ち症になったなら、後遺障害認定を受けて、少しでも多くの賠償金を受け取りたいと思うのが当然です。

むち打ち症で後遺障害認定を得るためには、次のような点に気を付けておくとよいでしょう。

(1) 一定期間入通院をする

交通事故の被害に遭った場合には、事故直後に目立ったケガがなくても、病院で受診しておくことが大切です。

むち打ち症の場合には、遅れて症状が出てくることがあります。事故との因果関係を証明するためには、事故直後に医師の診断を受け、必要な検査をしておくことが欠かせません。

さらに、後遺障害認定を受けるには、一定期間の入通院が必要です。

「医師に通院を指示されたけれど面倒だから行かなかった」というのでは、認定を受けるのが難しくなってしまいます。

(2) 症状固定まで症状が一貫していることを確認

むち打ち症で後遺障害に認定されるには、事故直後から症状固定までの症状が一貫していなければなりません。

自覚症状を医師にきちんと伝えていなければ、症状の一貫性がないとされることがあります。

気になる症状はその都度医師に伝えるようにしましょう。

(3) 画像所見を得る

むち打ち症の場合、画像所見があれば、後遺障害認定が受けやすくなります。

異常がみつからないか、病院できちんと検査をしてもらいましょう。

(4) 自覚症状を医学的に証明できるかどうか確認

自覚症状があり、それを医学的に証明できれば、後遺障害の認定を受ける上で有利になります。

自覚症状を詳しく説明し、必要な検査をしてもらえるよう医師に積極的に要請しましょう。

(5) 後遺障害認定を受けやすい診断書を書いてもらう

後遺障害認定を申請する際には、医師の作成した後遺障害診断書が必要です。

適切な後遺障害診断書を作成してもらうことで、認定が受けやすくなります。

医師は後遺障害認定について詳しくないため、交通事故に強い弁護士に医師への説明を行ってもらうなどし、認定を受けるのに十分な内容の後遺障害診断書を用意しましょう。

5.まとめ

むち打ち症で後遺障害に認定される場合、12級と14級で大きな違いがあるのをおわかりいただけたでしょうか?

後遺障害で適正な認定を受けるには、交通事故に詳しい弁護士に相談するのがいちばんです。

交通事故の実績豊富な泉総合法律事務所では、専門知識をもった弁護士が責任をもってサポートいたします。交通事故の被害に遭ってお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。