後遺障害

後遺障害等級認定:交通事故のRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

後遺障害等級認定:交通事故のRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

1:RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)とは

(1) 発症原因

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)とは、交感神経の異常な興奮を原因とする疼痛(とうつう)、膨張、関節拘縮などを主な症状とする傷病で、神経因性疼痛(神経系の障害など)の代表的なものとされています。

交通事故にかぎったことではないのですが、人が何らかの原因で外傷を受けた場合、外傷から身を守るために、体内では次のような正常な交感神経反射が起こります。

まずは末梢神経を収縮させ出血を防止します。そして余分な膨張が生じないように体内で作用し、その後、外傷が治癒していきます。

最終的に交感神経の反射は自然と消失し、血管は元の状態に拡張し、傷を修復するための栄養素を送ります。

これが交感神経に異常がない場合です。

ところが、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)では、この交感神経の反射が消失せずに働き続け、交感神経の興奮状態が続くことになります。

そのため局所が虚血状態になり、受傷部位やその周辺の末梢各部に、血液による栄養補給が行き渡らなくなるため、激痛を伴う非常に強い痛みや筋委縮が発生します。

このような経過をたどってRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)は発症すると言われています。

(2) 症状、特徴

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の症状、特徴には以下のようなものがあります。

①疼痛(とうつう)

持続する疼痛、激しく焼けるような痛み(灼熱痛)、ズキズキと疼く痛み、ナイフで切り裂かれたような痛みなどです。

②患部の腫れ

炎症などが原因で体の組織や器官の一部が腫れ上がることです。

③軽い接触にでも過敏な反応

通常では痛みを感じないごくわずかな刺激でも強い痛みを感じてしまう異痛症のことで、「アロディニア」と言います。

④皮膚の変化

時間の経過と共に、皮膚は光沢や緊張を失い、蒼白となります。また、皮膚温が低下すると共に乾燥します。

⑤骨の萎縮

発症後、3週間から4週間程度で骨の萎縮が起き、患肢の広範囲に拡大していきます。

⑥発汗の異常

2.RSDと後遺障害

(1) 該当する等級

交通事故によって、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)が発症した場合、後遺障害としては、その程度によって7級4号、9級10号、12級13号に該当する可能性が考えられます。

7級4号:神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの、言い換えると「軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの」

9級10:神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの、言い換えると「通常の労務に服することはできるが、疼痛により時には労務に従事することができなくなるため、就労可能な職種の範囲が相当程度に制限されるもの」

12級13:局部に頑固な神経症状を残すもの、言い換えると「通常の労務に服することはできるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの」

(2) 後遺障害認定のポイント

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の後遺障害認定は、まずは医師からRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)との診断を受けている必要があります。

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の診断基準として、医師は以下の点を総合的に診ます。

  • アロディニア(注)、痛覚過敏
    注:通常では痛みを感じないごくわずかの刺激でも強い痛みを感じてしまう異痛症のこと
  • 灼熱痛
  • 浮腫
  • 皮膚色や発毛の異常(蒼白・光沢・脱毛)
  • 発汗異常(過多・過少)
  • 皮膚温度の異常(低下・上昇)
  • XP上の骨萎縮像(ズディック骨萎縮)
  • 血管運動障害(レイノー現象・冷感・紅潮)
  • 骨シンチグラフィーの異常所見(集積像)
  • 交感神経ブロックが有効

このような医師の診断をもとに、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)が後遺障害に認定されるためには、自賠責保険の認定基準を満たさなければなりません。

自賠責保険では労災の基準に準拠していますが、下記の3点を判断要素とします。

①関節拘縮が認められること

関節拘縮については、関節機能障害で評価した場合の等級(上肢の関節機能障害、手指の関節機能障害、下肢の関節機能障害、足指の関節機能障害)を参考にします。

②骨の萎縮が確認できること

骨の萎縮については、レントゲン、MRIによりその有無・程度を確認します。

③皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)が確認できること

皮膚の変化については、サーモグラフィー、発汗テストなどの検査結果を確認するとともに、健側(けんそく:ケガをしていない部分)と並べて撮影してもらった皮膚のカラー写真を確認します。

上記①②③の症状を要件として、健側と比較して明らかに異常が認められる場合にかぎって、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)として後遺障害を認定するとしています。

(3) 必要な検査

事実、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)が発症したとしても、医師が適切な検査を行い、その検査結果によりRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)が発症していることを後遺障害診断書に記載してくれないと、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)で適切な後遺障害等級を獲得することは困難です。

従って、医師にRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の検査結果を後遺障害診断書に具体的かつ詳細に記載してもらうことが重要です。

具体的にはレントゲン、MRIやCTなどの画像検査、筋電図、皮膚についてはサーモグラフィーや発汗テスト、関節拘縮、骨の萎縮、皮膚の変化などが客観的に分かるような証拠を揃えることが重要です。

(4) 実際の判例

裁判例では、事故状況、診療経過、RSDの医学的知見、医療分野の診断基準、医師の診断書・意見書、自賠責保険の等級認定結果などを総合的に考慮して、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)の発症の有無を判断しているようです。

労災の基準に準拠した自賠責の3要件(①関節拘縮、②骨萎縮、③皮膚変化)のうち、すべてに所見を必要とする裁判例(東京地判平24.3.27など多数)と②の骨萎縮がなくてもRSDを認める裁判例(神戸地判平22.12.7など)があります。

裁判例を検証すると、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)が認定されるためには、労災の基準に準拠した自賠責の3要件(①関節拘縮、②骨萎縮、③皮膚変化)全てを満たす必要があると理解しておくのがよろしいかと思います。

3.RSDの適切な後遺障害認定のためのサポート

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)は他覚的所見に乏しく、医師でも見落としてしまうケースも少なくありません。また、外傷の程度がそれほど大きくない場合や、外傷が治ったにもかかわらず、外傷とは不釣り合いな激痛を訴えるなど周囲に理解されにくいといったこともあります。

しかも、医師による適切な検査が行われていなかったり、後遺障害診断書の記載が不十分で、後遺障害が認定されてもおかしくないにもかかわらず、後遺障害非該当というケースも少なくありません。

交通事故によって変わってしまった被害者様の将来の生活を考えると、症状に見合った適切な等級を獲得したうえで、正当な賠償を得るべきです。そのためにも、ご自身ではなく、交通事故問題の対応に長けた弁護士を介して相手方へ請求することが極めて重要となります。

泉総合法律事務所には、これまで多数の交通事故問題を解決させてきたという実績が豊富にあります。初回相談は無料ですので、まずは当事務所の弁護士へご相談ください。

それぞれのお悩みに適した解決方法をご提案させていただきます。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。