後遺障害 [公開日] [更新日]

後遺障害12級の症状と慰謝料相場・逸失利益の計算

後遺障害12級

【この記事を読んでわかる事】

  • 後遺障害12級の損害賠償額(裁判基準)は、290万円+逸失利益
  • 後遺障害12級が原因の労働能力喪失については、さまざまな裁判例と例外がある
  • 後遺障害慰謝料については弁護士に相談するべき

今回のコラムでは、後遺障害12級とはどのような障害を負ったときに認定されるものなのかという点と、その慰謝料の基準額および逸失利益の計算方法についてお伝えいたします。

1.後遺障害12級の症状

後遺障害等級は、重い1級から14級まであります。
後遺障害12級の場合には、比較的軽い方の等級である言うことができます。

以下のような場合に、該当することになります。

後遺障害12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
後遺障害12級2号  1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
後遺障害12級3号  7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
後遺障害12級4号  1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
後遺障害12級5号  鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨または骨盤骨に著しい変形を残すもの
後遺障害12級6号  1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害12級7号  1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害12級8号  長管骨に変形を残すもの
後遺障害12級9号  一手の小指を失ったもの
後遺障害12級10号  1手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの
後遺障害12級11号  1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの
または第3の足指以下の3の足指を失ったもの
後遺障害12級12号 1足の第1の足指または他の4の足指の用を廃したもの
後遺障害12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
後遺障害12級14号 外貌に著しい醜状を残すもの
【参考】外貌醜状…交通事故の後遺障害はモデルじゃなくても認められますか?

比較的軽いとは記載しましたが、それは「上位の等級と比較して」というだけで、怪我自体が軽いものではありません

表の内容を見てみると、関節の機能障害や指を完全に失うなど、かなり悲痛で重そうに感じざるを得ないものも含まれております。

それゆえに、12級の等級が付きますと、14級の事例の場合に比べて、金額的には圧倒的に増額することになります。

2.12級の慰謝料額・逸失利益

14級の事例の場合に比べて、圧倒的に増額するとは言うけれども、一体どの程度なの?と気になる方もいらっしゃることでしょう。

まず、自賠責保険からは14級は75万円が支払われるのに対し、12級においては224万円が支払われることになります。

裁判基準ですと、14級の場合、慰謝料110万円および逸失利益(労働能力喪失率5%)なのに対し、12級の場合には慰謝料290万円および逸失利益(労働能力喪失率14)ということになります。

これだけ見ると、逸失利益というのはよく分かりません。そこで、同じ年収の同じ年齢の人の場合で考えてみましょう。

たとえば、40歳で500万円の方が、事故により、それぞれ指を失ったり、指の一部を失った場合を考えてみます。その場合は、実務上67歳まで労働可能と考え、労働能力喪失期間27年と考えます。

(計算式)
500万円×5%×14.6430=366万750円
500万円×14%×14.6430=1025万100円

このような差が出てきます。

慰謝料にも差がありますので、歴然とした差が出てきます(※14.6430というのは「ライプニッツ係数」といって、金利分を控除した係数です。労働能力喪失期間が「27年」だからといって単純に27年を乗じるという計算はしません。)

他にも、関節の機能障害を負ってしまった場合、つまり骨折などにより、関節の可動域が制限され、正常な可動域の4分の3以下になってしまった場合についても、12級6号や7号に該当することにより、67歳まで労働能力が喪失することになります。

【参考】後遺障害・死亡事故で請求できる逸失利益の具体例と計算方法を解説

3.労働能力喪失の裁判例

ただ、慰謝料部分についてはともかく、労働能力喪失については、さまざまな裁判例があり、2項でお伝えしたものの例外も沢山あります。

具体的には、労働能力喪失期間が限定されるものや、そもそも労働能力が喪失しないと考えられるものです。以下、代表的な例をお伝えします。

たとえば、12級13号の「頑固な神経症状」の場合、つまり事故から生じた神経症状の原因について、画像所見などの他覚所見がある場合には、実務上、労働能力喪失期間として最大10年程度ということになります。先ほどの例で言いますと、

500万円×14%×7.7217=540万5190円

ということになります。それでも、14級9号

(500万円×5%×4.3295=108万2375円)

の場合に比べたら、圧倒的に高額になります。
(※「7.7217」、「4.3295」は年数に応じたライプニッツ係数です。)
また、12級5号「鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの」について、たとえば鎖骨が骨折し、骨癒合の際に変形してくっついてしまった場合には、これに該当することになります。

もっとも、この場合には、特段痛いなどの問題も生じていないという方が多いため、保険会社は労働能力喪失について否定的に解してきます。

あるいは、労働能力喪失を認めたとしても、労働能力喪失期間5年間および労働能力喪失率5%などで認定してくることもあります。
そして、裁判所も67歳まで認めることは稀でしょう。

ただ、交渉や裁判などにより、うまくいけば慰謝料額290万円と同程度認められる可能性があるので、保険会社から「逸失利益なし」と言われても、おいそれと諦めてはならないところです。

一方で、事故の結果、歯がたくさん折れてしまい、12級3号「7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの」に該当した場合の、労働能力喪失に関しては、裁判例でも認められてはいません。

もちろん、口腔の問題であっても、歯牙欠損によって、咀嚼または言語機能に支障をきたせば、たとえば10級3号に該当し、その場合は労働能力喪失が認められることもありますが、12級3号に該当する事案であれば、基本的に認められることはないでしょう。

これらの例外を踏まえ、保険会社と交渉していくことが大切な点です。

4.交通事故でお悩みの方は弁護士に相談を

いかがでしたでしょうか。表に該当するとは言っても、該当する類型によっては、労働能力喪失期間が認められなかったり、制限されたりなど、色々複雑なことも多い等級です。

保険会社との交渉において、早期に適切な解決を目指すためには、事案にふさわしい適切な知識が必要になります。

また、等級が高くなればなるほど、任意保険基準だと低く見積もられる可能性が高いことから、専門家に依頼した方が得られるメリットが増える可能性が高まります。

泉総合法律事務所では、交通事故被害者の方を救済すべく、さまざまな案件に取り組んでまいりました。

その中で得られた経験、知識などを駆使して最高のリーガルサービスをご提供できると自負しております。

交通事故被害でお困りの方は、是非とも当事務所の弁護士にご相談いただければと思います。初回相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。