後遺障害 [公開日] [更新日]

椎間板ヘルニアでは交通事故との因果関係の立証が大事です!

交通事故後に診断されることのある椎間板ヘルニアですが、全ての椎間板ヘルニアが交通事故を原因とするものとは限りません。

場合によっては加害者側への損害賠償請求が認められない場合もあります。

ここでは、どのような場合に交通事故と因果関係のある椎間板ヘルニアと判断されるのかを解説していきます。

1.椎間板ヘルニアとは

人体には、脊椎という骨がありますが(いわゆる背骨)、この脊椎のそれぞれの骨の間には、「椎間板」と呼ばれるクッションの役割を持つ組織があります。

「椎間板ヘルニア」とは、この椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が外に飛び出してしまった状態のことを言います。椎間板ヘルニアが起きると、神経が圧迫され、痛みやしびれなどの症状が発生します。

2.椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは、交通事故によって、首や腰に強い衝撃を受けた際に起こることがあります。交通事故でよく聞く「むち打ち」の症状の原因の1つは、椎間板ヘルニアです

しかし、椎間板ヘルニアの原因はそれだけではなく、加齢による椎間板の老化や、日常の姿勢や動作により首や腰に負担がかかることによっても起きることがあります。

3.交通事故の損害賠償請求における因果関係

ところで、交通事故の損害賠償請求において、加害者側に請求できるのは、交通事故と因果関係のある損害だけです。

医師から椎間板ヘルニアと診断されても、先ほど述べたように、その原因が交通事故でない場合、加害者側へ損害賠償請求ができない、あるいは極めて低額になってしまうおそれがあります。

したがって、交通事故の損害賠償請求においては、椎間板ヘルニアが交通事故を原因とするものであることの立証、つまり因果関係の立証が、非常に重要になってきます。

4.因果関係の判断要素

それでは、交通事故と椎間板ヘルニアとの因果関係の判断にあたって、どのような点が考慮されるのでしょうか。

(1) 医師の診断

まずはなるべく早く医師の診断を受け、MRIを撮影し、椎間板ヘルニアの診断を受けることが大前提です。

なお、レントゲンでは、椎間板ヘルニアはうつりませんので、MRIの撮影が必要です。

(2) 事故の態様

事故の衝撃が大きいものであれば、椎間板ヘルニアになってもおかしくないと考えられるので、因果関係が認められやすくなります。

(3) 発症の時期

事故によって椎間板ヘルニアになったのであれば、事故後すぐに痛みやしびれといった神経症状が出るのが一般的です。

ただ、これは、椎間板ヘルニアによって圧迫されている神経の部位に合致した症状が出ていることが必要です。すなわち、頚椎や腰椎の神経は、手や足までつながっており、圧迫される神経によって、症状の出る部位が変わってきます。

(4) 年齢

年齢が若ければ、加齢による椎間板ヘルニアの可能性は低くなってきます。30歳以下であれば、交通事故による椎間板ヘルニアと認められやすいです。

(5) 職業やスポーツ歴

頚椎や腰椎に負担がかかるような、仕事やスポーツをしていた場合、これが椎間板ヘルニアの原因とされる場合があります。

(6) 画像上の異常

椎間板ヘルニアの部位が限定されている方が、交通事故によるものと認められやすいです。

これは、加齢によるものであれば、多くの箇所に椎間板ヘルニアが出る傾向にあるからです。

5.まとめ

交通事故で受傷した直後の通院について、加害者側保険会社が因果関係を争ってくることはそれほど多くありません。

しかし、治療期間が3か月を超えてくると、診断された椎間板ヘルニアと交通事故の因果関係がないと主張してくるケースも出てきます。

そのようなときに、被害にあわれた方ご自身で保険会社と交渉するのは、非常に大変だと思いますので、多数の案件に携わり、豊富な知識と経験を有する泉総合法律事務所に、ぜひ交渉をお任せください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。