後遺障害

交通事故で頭部を強打したらどのような症状が現れるのか?

【この記事を読んでわかる事】

  • 交通事故での脳損傷「高次脳機能障害」について
  • 事故後は症状がなくてもすぐに病院に行くべきだと言われる理由
  • 頭部の損傷でどのような補償が受けられるのか(後遺障害等級認定)

交通事故の怪我にはさまざまなものがあります。

よくある怪我としては、強い衝撃を受けたことによるむち打ち症などがあります。大きな事故に遭った場合には、骨折や脳挫傷など深刻な怪我を負ってしまうこともあります。

特に、頭部外傷の場合は、さまざまな症状があらわれます。事故後すぐに症状が現れずとも、感覚障害などを後で発症する場合もあるのです。

そこで今回は、交通事故で起きる頭部外傷についてご説明します。

頭部外傷を受けたときに現れる高次機能障害や後遺障害認定についてみていきましょう。

1.高次脳機能障害とは?

事故後時間が経って発症する可能性がある障害です。

まず、交通事故で起きる脳損傷の症状として、高次脳機能障害をご説明します。注意すべきポイントも一緒に解説します。

(1) 脳の損傷により脳機能に障害が

高次脳機能障害とはどんな障害のことを指すのでしょうか。

高次脳機能障害とは、外部からの強い衝撃により、脳が器質的損傷を起こし、脳機能に障害を起こすことを指します。

難しく聞こえますが、簡単に言うと、交通事故などで起きる脳損傷のことです。

交通事故では、車同士の衝突事故などで身体だけなく、頭にも強い衝撃が加えられることがあります。このとき、脳の一部が損傷してしまうことがあるのです。

高次脳機能障害では、歩行障害などの目に見えて分かりやすい症状もありますが、目に見えにくい認知機能障害が出ることもあります。

具体的には、記憶障害や遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害などです。

事故後に、記憶力や集中力の低下が見られる場合は、脳が損傷している可能性があります。

また高次脳機能障害では、感情面での変化も見られることもあるでしょう。

感情の変化が激しくなった、事故前に比べて攻撃的になった、被害妄想を起こしているなど、人格に変化が起きることもあるのです。

このように、高次脳機能障害とは、脳の損傷により身体機能障害や認知機能障害がでることを指します。

脳は身体に指示を出す重要な部位ですので、しっかりと検査しておくべき場所です。

(2) 医師でも気付きにくい障害

高次脳機能障害が起きると、さまざまな症状が出てしまい、日常生活に重大な影響を及ぼします。

事故後すぐに変化がでる場合もありますが、そうでないケース(後日、症状に気付くなど)もあることに注意が必要です。
実は、高次脳機能障害は、医師ですら見逃しがちな障害なのです。

というのも、事故に意識がはっきりしている場合、患者からの症状の聞き取りをもとに、診断を行うためです。明らかな記憶障害などが出ている場合は別として、少し記憶が途切れている程度であれば、一時的なものとして見逃してしまう医師もいます。

また、患者自身も「少し頭がふらふらする」「何だかぼーっとする」程度では、大丈夫と思い込んでしまい、医師に伝えないケースもあるのです。

実際上、後遺症になるほど重い障害であるのかどうかは、事故後すぐには判断できないこともあります。
そのため、交通事故後は適切な検査を受けることが大切です。

問診ではわからない障害も、CTやMRIなどで脳の状態を撮影しておけば、のちに症状が現れた段階で、事故による障害であることを認定することができます。

早期にしっかりと検査をしていないと、あとで症状があらわれても後遺障害認定が受けられなくなってしまうなどのトラブルが発生しがちです。

できる限り、しっかりとした検査を受けるようにしてください。
このように、高次脳機能障害は医師でも気付きにくい障害です。すぐに発症しないこともありますので、事故後は必ず詳しい検査を受けるようにしてください。

「これくらい大丈夫」という油断が、あとで後悔することになりかねません。

高次脳機能障害について、詳しくは「交通事故で起こりうる後遺障害「高次脳機能障害」はどのような症状か」「高次脳機能障害「びまん性軸索損傷」とは?該当する等級と賠償金額」をご覧ください。

2.交通事故による脳損傷。どんな症状・病名がある?

次に、交通事故で脳損傷が起きてしまった場合に、現れる症状を見ていきましょう。

また、そこから疑われる病気についてもご説明します。

(1) 交通事故後に脳損傷(高次脳機能障害)が疑われる症状

では、交通事故後に高次脳機能障害が疑われる症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

高次脳機能障害ではさまざまな症状があらわれます。何か1つに絞るということはできないので、事故後しばらくの間は、身体に現れる症状に注意してください。

そして、少しでも変化がある場合は、医師に伝えて診断を受けるようにしましょう。

まず、交通事故後に見逃されがちな症状が頭痛やめまいです。

脳は、交通事故などによる強い衝撃で損傷します。損傷すると脳は晴れ上がり、頭蓋骨内で圧迫されてしまいます。

これにより頭痛やめまいが発生するのです。

激しい痛みを伴わないケースもあるので、少しでも異変を感じる場合は、医師に伝えるようにしてください。

頭痛やめまい以外でも、吐き気、嘔吐、手足などの感覚異常、眠気や錯乱などが起きるケースもあります。

また、これら以外にも、言語障害、けいれん、意識障害、視覚障害などが現れた場合には、すぐに病院にいきましょう。

軽い症状のうちに診断を受けることが大切です。

脳損傷(高次脳機能障害)が疑われる症状

  • めまい
  • 吐き気、嘔吐
  • 手足などの感覚異常
  • 眠気、錯乱
  • 言語障害
  • けいれん
  • 意識障害
  • 視覚障害

このように、高次脳機能障害が疑われるケースには、さまざまな症状があります。

一見、関係ないように思う眠気なども高次機能性障害が疑われますので、事故後の症状にはくれぐれも注意してください。

(2) 疑われる原因・病名

では、何が原因で高次脳機能障害が発症するのでしょうか?

高次脳機能障害の原因としてはさまざまなものがあります。代表的なのが、外傷性の損傷というものです。

これは、頭部に直接強い衝撃が加えられることで、脳挫傷やくも膜下出血などが起きてしまうものです。

重い症状の場合は、昏睡状態となり意識がない状態のケースもあります。

軽い場合でも、頭痛やめまい、視覚障害などが現れることがあります。

高次脳機能障害の原因となる病名には、

  • 開放性頭部外傷
  • 閉鎖性頭部外傷
  • 頭蓋骨骨折
  • 硬膜外血腫
  • 硬膜下血腫
  • くも膜下出血
  • 脳挫傷
  • びまん性軸検索損傷
  • 脳浮腫
  • 脳ヘルニア

などがあります。

これらの脳損傷については、CTやMRIの画像で判断することになります。

脳損傷がある場合は、早い段階でなんらかの症状が現れることがほとんどですが、数日〜1ヶ月ほどたって症状が現れるケースもあるでしょう。

高次脳機能障害が残ってしまった場合、残念ながら治療は困難です。基本的には、認知リハビリテーションを行うことにより、障害とうまく付き合っていくことを目指すことになるでしょう。

日常生活に支障が出ている場合は、必要な動作を繰り返しできるように練習します。少しでも元の生活に戻れるよう、リハビリを行っていかなければいけません。

このように、交通事故による脳損傷といっても、病名はさまざまです。

損傷している場所によって症状も変わってきますが、症状を改善するためにはリハビリを行わなければいけません。

3.脳損傷(高次脳機能障害)と後遺障害等級認定について

次は、脳損傷と後遺障害認定についてご説明いたします。

(1) 後遺障害等級認定を受け、後遺障害の慰謝料を請求

では、後遺障害等級認定とは、どのようなものなのでしょうか。

一般的に言われている後遺症は、怪我などが完治せず痛みが残ることや機能障害が起きてしまうこと指し、これを連想する方も多いと思います。

しかし、後遺障害等級認定における「後遺障害」は後遺症とは異なります。

後遺障害とは、交通事故によって怪我や病気になってしまい、治療後に回復が見込めない状態を指し、自賠責により定められた等級に該当する条件を満たしたものです。

後遺障害認定等級を受けるためには、障害の原因が交通事故にあると医学的に証明されること、労働能力の喪失・低下があること、自賠責の等級に該当する症状があることが必要となります。

後遺障害等級認定を受けるメリットは、後遺障害に関する慰謝料を請求できることにあります。

後遺障害等級認定には、14等級に分かれており、140種類、35系列もの等級ごとに障害が分類されています。そして、等級ごとに慰謝料額が規定されているのです。

障害認定等級については、労災保険の障害認定基準と同じものが採用されています。

1人1人認定していくには、多大な労力と時間がかかってしまうため、このような等級別の基準を定めたのです。

後遺障害等級の認定審査については、自ら申請を行うことで開始されます。

提出書類としては、医師の診断書、後遺障害診断書、その他の各種資料などです。

基本的には、書面審査で全てが行われますが、全ての症状につき客観的に測定することは難しいため、等級審査の認定基準は、少しあいまいなものとなっており、確実に希望の等級が受けられるものではありません。

希望通りの等級を叶えるためには、弁護士などの専門家にお任せする方がよいでしょう。

後遺障害等級認定のための提出書類(後遺障害診断書)については「交通事故で後遺障害診断書を作成してもらう際の書き方・費用」で詳しく解説しまいます。

(2) 後遺障害等級認定を受けることが難しいケース

では、脳損傷で後遺障害等級認定が受けられないケースはあるのでしょうか。

先に少しお話した通り、後遺障害等級認定は必ず希望が叶うというものではありません。

等級が下がって認定されることもあれば、認定を受けられないこともあります。

たとえば、障害の程度について争いになる、交通事故との因果関係が明確でないこと、などの問題はよくあることです。

以下では、後遺障害等級認定が認められない可能性があるケースについてご説明します。

①事故前から治療中の脳疾患があった場合

交通事故以前に脳梗塞などが生じていた場合は、交通事故によって発生したものなのか、それ以前の症状が原因で発生したものなのかが判断できないケースがあります。

この場合、事故以前の状態と事故後の状態を比較することで、因果関係を立証していきます。

具体的には、脳画像の比較や症状の進行具合の比較などで、交通事故が原因であると証明することになります。

もっとも、この方法でも、事故以前の影響が大きいと医学的に判断できる場合は等級が下がってしまう、あるいは受けられないというケースもあります。

②事故後に時間が経過した後で発症した場合

この場合も、事故と症状との因果関係が問題となってきます。

症状が発生するまでに半年以上の期間がある場合などは、事故以外の原因も考えられます。

この場合、因果関係が否定されてしまう可能性もあります。

このようなケースでは、病変の進行状況や、一般的に時間が経過してから発症可能性のある病変だったのかという視点で医学的に判断してもらい、因果関係があるかどうかを判断していきます。

事故後にかなりの時間が経過した後で、発症したというケースでは、因果関係に関する判断が等級認定の要となるでしょう。

このように、後遺障害等級認定には、複雑で難しい判断が必要になります。上記のようなケースに該当する場合は、専門家である医師・弁護士に相談することをおすすめします。

(3) 後遺障害等級認定を受けるために必要な医師の診断内容

では、脳損傷(高次脳機能障害)が後遺障害として認定されるためには、どのような診断が必要なのでしょうか。

交通事故による高次脳機能障害として後遺障害認定を受けるためには、医師による診断が必要であり、この診断内容が非常に重要となります。

高次脳機能障害では、症状の程度に応じ、9、7、5、3、2、1の等級を受けることができます。

等級にもよりますが、医師による診断の内容としては、

  • 初診の際に頭部外傷の診断があること
  • 経過診断書に脳の器質的損傷(外傷性くも膜下出血、急性硬膜下・外血腫、び慢性軸索損傷、など)を示す診断があること
  • 画像で脳損傷が確認できること
  • 一定期間意識障害が生じたこと
  • 高次脳機能障害の症状があること

などが必要になってきます。

初診時には、必ず頭部外傷の診断をもらってください。そして、脳の器質的損傷があるかどうかを確認するためには、MRIやCTによる検査を受けましょう。

病変の経過を見るためにも、事故後3ヶ月程度での検査は受けるようにしてください。

適切な時期に検査を受けることで病変の様子を見ていくことができます。

また、事故直後などに意識障害が生じた場合は、この点についても医師に報告し、診断書に記載をお願いしてください。

状態によっては、本人が言えないこともあると思いますので、場合によっては、ご家族が医師に報告することも大切です。

救急車で運ばれた場合には、救急隊員が救急出動報告書を記録しています。この内容に、意識に関する記録があるかもしれませんので、参考にしてみてください。

この報告書は、市町村に個人情報開示請求手続を行うことで閲覧することができます。

このように、脳損傷における行為障害等級認定は、医師による複雑な判断が必要不可欠となります。

CTやMRIの撮影をお願いすることはご家族でもできますが、診断内容に過不足がないかどうかを判断するためには、交通事故問題を多く取り扱う弁護士によるチェックをおすすめします。

4.後遺障害等級認定手続は弁護士に相談を

今回は、交通事故で頭部損傷を負ってしまった場合の高次機能障害や後遺障害等級認定についてお話をしました。

高次脳機能障害の判断については、医学的な専門知識が必要であり交通事故の当事者やご家族だけでは理解が難しいこともあります。

交通事故の当事者は治療に専念することが一番大切です。治療・リハビリに専念し、できるだけ早く日常生活を取り戻しましょう。

交通事故に関するさまざまな手続については、専門家である弁護士にお任せください。加害者に対する損害賠償請求だけでなく、後遺障害等級認定についてもサポートいたします。

交通事故で高次脳機能障害に関するお悩みを持ちの方は、一度泉総合法律事務所にご相談ください。当事務所では、高次機能障害でお悩みの交通事故被害者を救済してきたという実績がありますので、どうぞ安心してお任せください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。