過失割合

追突事故における慰謝料の決定要素。過失割合・修正要素について

追突事故における慰謝料の決定要素。過失割合・修正要素について

交通事故において被害者に過失があった場合、損害の公平な分担という理念から、その過失を考慮して損害額を算定します(過失割合の問題)。

追突事故といっても、四輪車、単車という車の種類や交通事故が高速道路で起きたものかどうかという点から、様々な考慮が必要になります。

以下では、「別冊判例タイムズ38号 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」に掲載されている代表的な類型・修正要素をご紹介します。

紙幅の関係上このコラムで触れることのできない修正要素も多くあります。詳しくは泉総合法律事務所の弁護士にお尋ねください。

1.四輪車同士の追突事故

(1) 駐停車車両に対する追突事故の過失割合

【追突車:被追突車=100:0】

この類型では、基本的には【追突した側:追突された側】の過失割合は【100:0】とされます。降雨や濃霧などの天候要因による視認不良など、追突した側に発見が容易でなかった事情がある場合には、10%の修正がなされる可能性があります。

弁護士をしていてよくご相談をいただく例としては交差点や踏切で停車中に追突されるといったケースですが、故障して駐停車しているような場合もこの類型に含まれます。

後者の場合には、ハザードを点けておくといった対応をしていないと、さらに過失割合が修正される可能性があります。

(2) 追突された車両に理由のない急ブレーキがある場合の過失割合

【追突車:被追突車=70:30】

道路交通法24条では、危険を防止するためやむを得ない場合を除き急ブレーキをかけてはならないとされています。先行車両の急ブレーキが後続車両にとって危険である可能性があるためです。

そのため、理由のない急ブレーキをした車両が追突された場合には、基本的に30%の過失相殺がなされることになります。

2.単車と四輪車の追突事故

(1) 駐停車車両に対する単車の追突事故の過失割合

【追突した単車:追突された四輪車=100:0】

基本的には2(1)と同様です。

ただ、視認不良の場合には20%の修正とされています。

これは、悪天候などの場合、単車の方が四輪車よりも前方駐停車車両の発見が難しくなるためです。

(2) 追突された車両に理由のない急ブレーキがある場合の過失割合

ア.追突された四輪車に理由のない急ブレーキがある場合の過失割合

【追突した単車:追突された四輪車=60:40】

イ.追突された単車に理由のない急ブレーキがある場合

【追突した四輪車:追突された単車=80:20】

ア・イいずれの場合も、歩行者の多い場所では飛び出しを警戒した急ブレーキがなされる可能性があり、後続車両もその予測をして運転すべきと考えられますので、住宅街や商店街などでは5%の修正がなされる可能性があります。

3.高速道路における追突事故

高速道路では、高速での走行ができ、最低速度を維持する義務があり、駐停車は原則として禁止されています。

そのため、高速道路においては、やむを得ない事情がないかぎり、先行車両の運転者も過失があることになります。

(1) 過失により本線車道などに駐停車した自動車に対する追突事故

事前の整備不良によるガス欠やエンジントラブル、追突事故の前に別の交通事故を起こしてしまって駐停車していた場合です。

道路交通法上、こういった場合でも、十分な幅員のある路肩などに駐停車できるとされているにすぎませんし、本線車道などで運転できなくなった場合には速やかに本線車道など以外の場所に移動するための必要な措置を講じる必要があります。

ア.四輪車同士の追突事故の過失割合

【追突車:被追突車=60:40】

路肩などへの退避をしなかった過失、停止表示器材を設置しなかった過失のいずれかがあることを前提としています。

両方を怠った過失がある場合には、10~20%の修正がなされる可能性があります。

イ.自動二輪車と四輪車の追突事故の過失割合

(ア)四輪車が駐停車していた場合の過失割合

【追突した自動二輪車:追突された四輪車=50:50】

(イ)自動二輪車が駐停車していた場合の過失割合

【追突した四輪車:追突された自動二輪車=70:30】

(2) 過失なく本線車道などに駐停車した自動車に対する追突事故

被追突者に過失のない事故が原因で本線車道上に駐停車していた場合については、3(1)と異なる考慮が必要になります。

ア.追突された車両に退避または停止表示器材設置を怠った過失がある場合の過失割合

(ア)四輪車同士の追突事故の過失割合

【追突車:被追突車=80:20】

(イ)自動二輪車と四輪車の追突事故の過失割合
a 四輪車が駐停車していた場合の過失割合

【追突した自動二輪車:追突された四輪車=70:30】

b 自動二輪車が駐停車していた場合の過失割合

【追突した四輪車:追突された自動二輪車=90:10】

イ.追突された車両に退避や停止表示器材設置を怠った過失がない場合

【追突車:被追突車=100:0】

追突された車両が、自身に過失のない事故で本線車道などに駐停車したあと、退避ができる状況になく、かつ、停止表示器材を設置したのにもかかわらず追突事故が起きてしまった場合、あるいは、追突された車両の運転者が死傷したり時間的余裕がなく停止表示器材を設置できない状態で追突事故が起きてしまった場合です。

四輪車、自動二輪車の区別なく、この類型の追突事故の場合には追突された側の過失は否定されます。

(3) 路肩などに駐停車中の自動車に対する追突事故

【追突車:被追突車=100:0】

路肩など(路肩または路側帯)は、原則として車両の通行が禁止されていますので、故障などやむを得ない理由で路肩などに駐停車中の車両に対する追突事故が起きたときには、基本的には後続の追突車の過失割合が100%とされます。

ただ、路肩などに駐停車するにもやむを得ない理由が必要ですので、これがない場合には10~20%の修正がなされる可能性があります。

(4) 追突された車両に理由のない急ブレーキがある場合

高速道路では、時速80㎞を超える速度での走行ができますが、本線車道での駐停車は原則としてできず、車の流れに従った円滑な走行が一般道路より強く求められるので、理由のない急ブレーキの危険性はより高いものとなります。

ア.四輪車同士の追突事故の過失割合

【追突車:被追突車=50:50】

イ.自動二輪車と四輪車の追突事故の過失割合

・四輪車に理由のない急ブレーキがある場合の過失割合

【追突した自動二輪車:追突された四輪車=40:60】

・自動二輪車に理由のない急ブレーキがある場合の過失割合

【追突した四輪車:追突された自動二輪車=60:40】

4.おわりに

このコラムでご紹介したものは基本的なものにすぎません。保険会社の担当者との間で過失割合について折り合いがつかずに困っているといったお悩みがある場合、弁護士が代理人となることで、スムーズに過失割合の問題について解決できる可能性があります。

泉総合法律事務所では、過失割合が争点となった交通事故案件を多数手掛けており、解決実績も豊富にあります。交通事故被害でお困りの方や、「過失割合に納得できない」という交通事故被害者の方は、まずは当事務所にご連絡ください。

ご相談内容に応じた適切な解決策やアドバイスをさせていただきます。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。