過失割合

駐車場事故の過失割合と対応策。閉鎖空間でのバック駐車に要注意!

駐車場事故の過失割合と対応策。閉鎖空間でのバック駐車に要注意!

【この記事を読んでわかる事】

  • 駐車場事故が全体の交通事故の3割を占める理由
  • 駐車場事故や当て逃げに遭ったらどうするべきか
  • 駐車場事故、当て逃げを防止するための予防策

道路上の交通事故は十分に気をつけているという方でも、気が緩んでしまうのが駐車場内です。ショッピングセンター内の駐車場や屋外駐車場、立体駐車場など、様々な場所で事故が起きています。

実は、危険が潜んでいる駐車場スペース。事故が起きた時の対応策や予防方法は理解していますか?また、当て逃げされてしまった場合の過失割合はどうなるのでしょうか。

今回は、駐車場事故での事故態様から対応策・予防策までを解説します。

1.駐車場事故はなぜ起きるか

道路上での事故はどんなときに危険があるのかをよくご存知の方も、「駐車場内の事故原因はあまり分からない」という方も多いのではないでしょうか。

まずは、駐車場内でよくある事故ケースと、その特徴、事故の取り扱いについてご説明します。

(1) 駐車場内でよくある事故とは?

①バック中に起きる事故

バック走行は、確認すべき方向が多く、難しい運転技術が必要になる場面です。

「車庫入れは得意」という方でも、死角にあったポールやたまたま見えなかった歩行者(通行人)にびっくりした経験はあるのではないでしょうか。

実際、駐車場内での事故では、駐車の際に左右の駐車車両にぶつけるケース、駐車中に一旦前に出ようとして歩行者や通行車両にぶつかるケースなどが数多くあります。

②焦って事故を起こすケース

ショッピングモールなどでは、なかなか駐車できずイライラすることもあると思います。そんなとき、目の前の駐車スペースが空き、一目散に車を空車スペースに駐車しようとします。

しかし、後ろ(通行する車)からのプレッシャーもあり、早く停めようと焦ってハンドルを操作し、人や他の車両にぶつけてしまうことがあります。

また、無事に駐車はできたけれど、車外に出るときにドアを横の車にぶつけてしまうというケースもあります。

どんなにイライラしていても、急いでいても焦りは禁物です。焦っていると、自ら事故を起こすことや、逆にぶつけられてしまうこともあるのです。

③通り抜けの際の事故

当然ですが、駐車場内では走行中によく事故が起こります。

よくあるのは、駐車中の車が切り返しのために前に進行してきたときに通り抜けした車とぶつかるケースです。

また、見ていなかった場所から歩行者が出てきて、人身事故を起こしてしまうケースもあります。

以上が、駐車場内でよくある事故ケースです。

(2) 駐車場事故の特異性

  • 狭い空間で車同士がぶつかりやすい
  • 対向車と通行人が入り混じる状態
  • 車両の動きが不規則になるため、事故を予測しにくくなる
  • 閉鎖的なことから目撃者も少ない

実は、駐車場内での事故は、全体の交通事故の3割を占めると言われています。これには、駐車場の特性が関係しています。

駐車場スペースは、基本的には公道よりも狭い空間です。そのため「車同士がぶつかりやすい」ということが考えられます。

公道のように整備された環境であればマシですが、駐車場内の通路が一方通行になっていない場合は、対向車と通行人が入り混じっている状態になるため、事故が起きやすくなるのです。

また、公道上とは異なり、車が平行に走行しているという状況ではなく、「車両の動きが不規則になるため、事故を予測しにくくなる」という特徴もあります。

公道は、車両が走行しやすいよう、一定程度、規則的に道路が作られています。しかし、駐車場内は、駐車中の動作の複雑性によって、人が予測しにくくなる状況が作られてしまうのです。

他の運転者に対し「ここでは、止まってくれるだろう」という予測も当たらない場合が多いとも言えます。

このように、駐車場で事故が起きてしまうことには、駐車場ならではの特徴があります。

駐車場は事故が起きやすい場所」という認識をしておくことも、事故を防ぐ対策になるでしょう。

(3) 駐車場内事故の取り扱い

では、駐車場内での事故の取り扱いはどのようになるのでしょうか。

駐車場内での事故は、私有地内での事故です。そのため、「法律の適用も曖昧なんじゃないの?」と思われるかもしれません。

実際、道路交通法の適用は、道路上における事故に適用されるのが原則です。

もっとも、駐車場は、不特定多数の車両が行き交いする場所であることが前提ですので、判例上も道路交通法の適用を認めた事例が数多くあります。

つまり、駐車場内での事故でも、道路交通法上課される前方注意義務などは、同様に課されると理解しておいたほうがよいことになります。

また、駐車場内で事故があった場合は、公道上の交通事故と同じような手順を踏んで、取り扱われます。したがって、駐車場内のひき逃げがあった場合は、公道上のひき逃げと同様に処罰の対象になるのです。

このように、私有地であっても道路交通法は適用されるケースがあります。警察に報告することや、通常の手続を踏むという点も、理解しておくべきでしょう。

2.駐車場事故の過失割合

次に、駐車場事故の過失割合について見ていきましょう。過失割合の基本から、次のパターン別の過失割合まで説明したいと思います。

(1) 駐車場事故の過失割合

まず、過失割合について簡単に説明しておきます。

過失割合とは、当該交通事故における責任の割合を法律上算定したものをさします。責任の割合とは、主に事故に対する落ち度や不注意の程度のことです。

駐車場内の車両事故の場合、大抵は両者に落ち度があるので当事者双方の保険担当者が過失割合の交渉を行うことになります。交渉において、基礎とされるのは過去の判例です。

判例に照らし合わせて、実際の事故状況を見ながら過失割合の修正を行っていくことになります。

ここで、駐車場内事故の過失割合算定の原則をお伝えしておきましょう。

駐車場内での車両同士の事故は、「駐車しようとする車両」の過失割合が低くなります。

これは、駐車する際に後方走行するため、注意しても注意しきれない状況ができてしまうからです。

駐車する側でない通行車両などの方が、死角が少なく注意しやすい状況があるため、「駐車しようとする車両優先」となっています。

以上を前提に、実際よくある車両同士の事故での具体的な過失割合を見ていきましょう。

(2) 止まっている車に衝突したケース

基本的には衝突した側の車両に100%の過失

では、止まっている車に衝突した場合は、過失割合はどうなるのでしょうか。

まず、動いていない車に衝突した場合、基本的には衝突した側の車両に100%の過失が認められます。「相手車両が勝手に衝突してきた」状況ですので、0:10となるのは当然と言えるでしょう。

ただし、駐車禁止スペースに止めていた場合などは話が別です。この場合は、過失割合が修正されるので、事故態様によっても変わりますが、1:9、2:8となる可能性があります。

止まっている車にぶつかってしまうと、動いている車が圧倒的に不利だということです。

(3) 入庫時にぶつかったケース

駐車しようとしている車両:直進通行してきた車両=2:8

では、入庫時や、駐車スペースへの駐車時にぶつかってしまった場合はどのような過失割合になるのでしょうか。

ハンドルを切りながらバックで駐車しようとしている車両に、後方から通行してきた車がぶつかった場合を想定します。

この場合、駐車しようとしている車両の過失割合は2、直進通行してきた車両の過失割合が8となります。バックする側の不注意よりも、前方進行する側の不注意の方が圧倒的に高くなってしまいます。

もちろん、個別事情により過失割合は変化しますので、目安であると理解しておいてください。

(4) 出庫しようとしている車とぶつかったケース

出庫する自動車:通路を前方走行してくる車=7:3

では、出庫しようとしている車両とぶつかった場合はどうなるのでしょうか。

このケースの場合、原則として、出庫する自動車の過失が7、通路を前方走行してくる車の過失が3という過失割合になります。

駐車する場合(入庫)とは異なり、出庫する車両は前方方向に出ていくことになります。死角も少なくなるため、一般道路と同様に、直進自動車が優先される原則が適用されることになるからです。

このように、駐車場ではさまざまな事故ケースが想定できます。ご紹介したのは、ほんの一部でこれ以外にもたくさんの事故事例があるので、過失割合も個別ケースにより異なります。

また、駐車場は、閉鎖的なことから目撃者も少なくなってしまいます。そのため、適切な過失割合を算出するためには慎重な実況見分が必要不可欠です。

3.当て逃げをされたら

当て逃げをされたら

次は、駐車場内で当て逃げ事故にあったケースを想定してみましょう。万が一の当て逃げ事故への対応策もご説明します。

(1) 当て逃げ事故後にするべきこと

負傷者の確認→(救急車を呼ぶ)→警察と管理会社へ連絡→事情聴取→保険会社に連絡

では、当て逃げ事故が起きたら具体的に何をすればよいのでしょうか。

事故が起きたらまずすることは、負傷者がいないかの確認です。

駐車場内での事故は車両同士の事故が多いため、物損事故が多くなりますが、稀に歩行者などの負傷者が出ることもあります。

まず、外へ出て、事故状態を確認してください。負傷している場合は、救急車を呼ぶことを第一に行いましょう。

次に、負傷者が出ない物損事故だった場合は、警察と管理会社へ連絡します。

警察が来たあとは、簡単な事情聴取が行われます。どのように事故が起きたのかについて聞かれることになります。

警察に連絡することで事故証明を出してもらうことができます。事故証明がないと保険もおりないので、軽い事故であっても、警察には連絡するようにしてください。

当て逃げの場合は、1年以下の懲役または10万円以上の罰金(道路交通法117条の5第1号、72法1項前段)が課せられる可能性があります。そのため、事故の状況を正確に伝えることが犯人発見のためにも大切です。

最後に、保険会社にも連絡をしましょう。

保険会社に連絡をすると、同じように事故の状況を聞かれることになります。できるかぎり詳細に事故を伝えるようにしましょう。

事故により車が故障した場合は車両保険が適用されますが、駐車場内の備品(フェンスなど)が壊れていた場合には、対物賠償保険が適用されます。

保険の種類によっては、保険がおりない場合もありますので、保険会社に確認しましょう。

(2) 当て逃げの事故対応のポイント

  • ナンバーを控えるなど、加害者情報の確保
  • 負傷者の確認
  • 必ず警察に連絡して事故証明をもらう

当て逃げ事故では、加害者の情報を少しでもキャッチすることが大切です。そのため、加害者の情報をできるだけ残しておくようにしましょう。

まず、加害者車両が走り去ろうとしている場合は、ナンバーを控えたり、スマホで撮影をしておくと、加害者特定を行うのに便利です。

また、ドライブレコーダーが搭載されている場合は、警察に証拠として提出しましょう。駐車場の防犯カメラの映像も加害者特定に役立ちます。

当て逃げ車両がすぐに走り去ってしまい、情報がないという場合でも、

事故証明をもらうために必ず警察に届け出るようにしてください。

当て逃げ事故に遭ってしまうと、一瞬何が起きたか分からず焦ってしまいがちです。

事故後は、とにかく冷静になり①相手の車両を確認すること、②負傷者がいたら救急車、③警察に連絡すること、の3つが大切です。

駐車場事故以外でも、当て逃げに関して詳しく知りたい方は「当て逃げされたらどうすればいい?犯人は捕まる?保険は下りる?」をご覧ください。

4.当て逃げ・駐車場事故を防止する方法

事故にはできるかぎり、遭遇したくないものです。駐車場内での事故を未然に防ぐためにも、いくつかの予防策を実行しておきましょう。

最後に、「当て逃げされない」ための予防策と、駐車場での気をつけるべきポイントをご説明します。

(1) 「当て逃げされない」ための予防策

では、「当て逃げされない」ためにはどんなことを実行すべきでしょうか。

まず、どれだけ気をつけていても当て逃げ被害に遭うことはあります。しかし、未然にリスクを少しでも減らしておくことで、「当て逃げされない」術を学ぶことはできます。

①空いているスペースに停める

駐車スペースに空きがある場合は、空いているスペースに停めるようにしましょう。

混んでいる区画では、車両数が増えるため、必然的に事故発生確率が上がります。

車同士の接触を避けるためにも、比較的空いているスペースに停めるのが安全です。

②ドアガードをつける

次に、ドアパンチ対策のガードをつけることです。

軽い当て逃げに多いのがドアパンチです。ドアパンチとは、車のドアを開ける際に、隣の車両にあたって傷をつけてしまうケースのことです。

隣接車両との距離があまりない屋外のコインパーキングで起きがちな事故です。

ドアパンチ対策としては、ドアパンチ対策用のグッズを取り付けておきましょう。硬質ゴムなどの素材でできており、ドアのぶつかりによる損傷を回避してくれます。

「ドアガード」で検索をかければ、いくつかグッズが出てくるはずです。高級車などで「傷が怖い」という方は、一度購入を検討してみてください。

③ドライブレコーダーを設置する

ドライブレコーダーを設置していれば、万が一当て逃げされても相手の車両の特徴やナンバーが明らかになるため、大変便利です。

ドライブレコーダーの有用性については「ドライブレコーダーの証拠能力。交通事故でどれほどの効果があるか」でも紹介しています。

もっとも、ドライブレコーダーは費用がかかります。予算的に厳しいという方は、防犯カメラのある駐車場を選ぶことをおすすめします。

④防犯カメラのある駐車場を選ぶ

防犯カメラのある駐車場では、必ずカメラの視界にあるスペースを選ぶようにしてください。

万が一事故がおきたときでも、加害者を特定することができるからです。

(2) 駐車場事故に遭わないために。気をつけるべきことは?

当て逃げ以外でも、駐車場内では事故が多発しています。事故に遭わないためにも、駐車場内での車両走行・駐車で気をつけるべきことを学んでおきましょう。

①徐行運転とヘッドライト点灯

駐車場は、車両だけでなく歩行者も行き交う場所です。早い速度で走行していると、事故を起こしやすくなります。

焦っている時は自然とスピードも上がってしまいがちですので、10キロ以下の徐行運転を心がけるようにしましょう。

また、駐車場内は暗い場所も多いはずです。ヘッドライト点灯で視界をクリアにしておくことも大切です。

バック時は特に注意しましょう。後ろばかりに目が行きがちですが、前方・側面も短い間隔で確認するように心がけてください。

②ドアを勢いよく開けない

また、外に出る時は勢いよくドアを開けないことです。

隣の車にぶつけてしまうだけでなく、歩行者にぶつかってしまうこともありえます。

③駐車場内のルールを守る

大きな駐車場内では一方通行や一時停止の表示があるはずです。

公道上じゃないからといって、無視をすると事故が起きがちです。万が一事故に遭った場合は過失割合にも影響するので、ルールはしっかり守るようにしてください。

④クラクションの活用

最後に、危ないと思ったときは、クラクションで相手に自分の存在を知らせましょう

通行車両やバック車両が事故を起こしそうなときは、クラクションで知らせるのが適切です。

また、急いでいても、駐車中の車を無理に追い越そうとしないで待ちましょう。すれ違いざまの事故が多くなっています。

このように、駐車場内の事故は自分から予防策を打つことで一定程度、回避することができます。

万が一事故が起きてしまっても、万全の対策を打っていれば焦らず対応できます。

5.交通事故の対応は泉総合法律事務所へ

交通事故は、いつどんな場所で起こるか分かりません。現在、交通事故の交渉でお悩みの方は、お早めに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

交通事故の問題解決の経験が豊富な専門家が親身になって対応いたします。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。