交通事故弁護士 [公開日]

交通事故の解決で評判・口コミの良い弁護士の特徴とは?

ネット上で、「交通事故専門弁護士」とう触れ込みの事務所をご覧になったことはないでしょうか?

確かに、交通事故に実績があり、評判・口コミも高い弁護士事務所は存在します。
しかし、具体的に「交通事故に強い弁護士」とは、どのような特徴があり、依頼することでどのようなメリットを得られるのでしょうか

今回は、交通事故に遭った際に、どのような弁護士に依頼すべきか、特に人身事故を依頼すべき弁護士についてその特徴を考えてみます。

1.交通事故を依頼する弁護士は精査すべき理由

弁護士が活躍するのは、交通事故や債務整理、相続や刑事事件、離婚や企業法務、労働問題など様々なフィールドがあります。
これは、弁護士1人がカバーするには、余りに広い範囲です。

そのため、弁護士事務所によって、力を入れている分野は異なります。
結果として、弁護士にも得意不得意が出てくるのです。

もちろん、これは交通事故についても然りです。

交通事故、それも人身事故を解決するには、実務的なルールが複雑で、そのルールの理解が欠かせないうえに、保険会社や医師といった加害者・被害者以外の存在が重要な役割を果たします。

専門知識が必要なことも多く、不慣れな弁護士であれば、医師への依頼や保険会社との交渉などが上手く運びません。

交通事故の経験・実績のある弁護士に依頼すべき理由は、こんなところにあります。

交通事故について弁護士に依頼する様々なメリットとは?

[参考記事]

交通事故について弁護士に依頼する様々なメリットとは?

では、次項から、実際に交通事故を依頼すべき弁護士の特徴を説明します。

2.交通事故の解決実績数が多い

まず、交通事故を解決した実績の数が多いことが挙げられます。
サイト上で、解決した実績の数を確認してみましょう。解決実績の数を掲げている事務所は、それだけ交通事故の解決に自信を持っている証拠です。

それ以上に、注目したいのが解決事例です。事務所によっては、解決した具体的な事例をある程度詳しく掲載しているサイトがありますので、ご自分と似たようなケースを探してみましょう。どれくらいの賠償を受けられるのか参考になるはずです。

依頼者の声や手書きの礼状などがそのまま掲載されていることもあります。実際に、どのようなケースでどのような対応をしてもらえたのか、そこから読み取れることは、数多くあるはずです。

泉総合法律事務所の解決事例

3.交通事故についての知識・情報が豊富

次に挙げられるのが、その弁護士が持つ交通事故についての知識や情報量の豊富さです。
交通事故の解決に弁護士が必要とされるのは、法律知識だけではありません。

(1) 保険会社の考え方についての知識・情報

交通事故被害者が相手方の保険会社と示談交渉を行うことはご存知でしょう。
反対に、保険会社が交通事故案件を弁護士に依頼することもあります。

こういった経験を持つ弁護士に依頼すると、保険会社がどのように過失割合を考え、どのように損害賠償を計算するのか裏の裏まで知っています。

同様に、交通事故案件の経験・実績が豊富な弁護士であれば、保険会社の考え方を熟知しており、不意を突かれることなく、慌てずに準備や交渉をすることができます。

(2) 後遺障害等級認定などに関する医学的知識

交通事故の怪我の治療は完治を目指して行いますが、「症状固定」以降は、治療はストップし、認定された後遺障害等級に基づいた後遺障害慰謝料の請求に移行することになります。

適切な後遺障害等級の認定を受けるには、申請の際に提出する医師の後遺障害診断書が重要になりますが、この後遺障害診断書一つとっても、記載されている事項を適切にチェックするには、交通事故の怪我についての医学的知識が必要になります。

場合によっては、弁護士が医師に対して後遺障害診断書の書き方についてアドバイスしなければならないケースもあります。医師は、後遺障害等級認定の手続について専門家ではないからです。

このように、医学的知識の有無が損害賠償額に大きく関係するので、弁護士にも医学的知識が必要となってくるのです。

知っておくべき後遺障害等級認定機関と認定手続

[参考記事]

知っておくべき後遺障害等級認定機関と認定手続

4.常に交通事故の最新知識を取り込んでいる

ただ経験や知識が豊富だけではいけません。最新の判例や交通事故の医学的知識など、絶えず更新される情報に弁護士も追いついている必要があります。

事実、一般に交通事故の「赤い本」(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)、「青い本」(交通事故損害額算定基準)と言われる損害賠償の算定に広く使用されている実務書は、青い本が2年に1回、赤い本は毎年更新されています。

更新された情報に追いつくために、絶えず学んでいる弁護士も数多く存在します。勉強会を定期的に開催している事務所もあるようです。

5.医師との良好な連携

交通事故の損害賠償では、先述した後遺障害診断書以外にも、レントゲンやMRIといた画像診断が後遺障害等級の認定や損害の証明にとても重要になり、裁判でも医学的な知見が争点となることもあります。

そこで、人身事故においては、弁護士と医師との連携は、とても重要になります。

こういったことから、病院を提携先としている弁護士事務所もあります。少なくとも、意見を求めることができる医師が弁護士の周りに存在するだけで、適切な慰謝料の請求に大きく寄与します。

6.裁判も視野に入れた保険会社との交渉

案件によっては裁判を辞さない覚悟で保険会社と交渉できることも、交通事故を依頼すべき弁護士のポイントとして挙げられるでしょう。

保険会社は、あくまで営利目的で交渉しており、できるだけ安価で数多くの示談をまとめたいと考えています。
弁護士が介入して交渉すれば、ある程度、慰謝料の増額は見込めますが、知識やノウハウを使用して、そこから更に裁判にまで進める方が、メリットが大きくなるケースもあります。

裁判まで運んだ方が良い事案なのか、依頼者が裁判を望んでいるのかなどを鑑みて、被害者にとって最も適切なゴールを目指すのが、交通事故を任せるに足る弁護士の姿です。

7.分かりやすい説明

交通事故について丁寧で分かりやすい説明ができなければ、交通事故に実績のある弁護士としての評判は立ちません。

また、実績や知識が豊富でも、実際に会ってみて、説明が分かりにくい、頭ごなしの物言いをするなど、解決までに何度も顔を合わせる弁護士に不満があってはいけません。

交通事故について任せるべき弁護士を選ぶには、最終的に被害者ご自身の目で確かめてみることが大切です。

8.まとめ

交通事故は、突然降りかかってきます。事故の怪我だけでも大変なところに、保険会社との交渉など、ストレスが溜まることが多いのも交通事故の特徴です。

泉総合法律事務所では、そうした被害者の方のお役に立てるよう、精一杯、尽力してまいります。

交通事故についての経験・実績はもちろんのこと、被害者の方のお役に立ちたい、解決したいという強い思いは誰にも負けないつもりです。

泉総合法律事務所は、おかげさまで、ご依頼様の94.8%以上に、「満足」「とても満足」との評価をいただいています。 その理由は、交通事故についても様々な経験を有し、実績を納めている弁護士が多数在籍するからだと自負しております。

お気軽にご相談いただけるように、初回のご相談は無料とさせていただいております。
納得いく解決のために、是非一度ご連絡ください。
お問い合わせ

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。