交通事故弁護士

交通事故について弁護士に依頼する様々なメリットとは?

交通事故について弁護士に依頼する様々なメリットとは?

【この記事を読んでわかる事】

  • 交通事故の損害賠償請求を弁護士に依頼することのメリット
  • 交通事故案件を弁護士に依頼するべきではないケースはあるのか
  • 交通事故の解決のために依頼するべき弁護士の選び方

交通事故による損害賠償請求を弁護士に依頼すべきかどうかを考えるにあたって、よくあるご質問は「①弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのか?」、「②どんな弁護士に依頼すべきなのか?」の2点です。

今回は、多くの方が疑問を抱くであろうこの2点について、弁護士が解説いたします。

1.弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのか?

(1) 弁護士が加害者側の損保会社との窓口になります

弁護士に依頼すれば、弁護士が加害者側の損保会社との窓口となり、被害者は、損保会社と接触する必要がまったくありません。そこには、以下のようなメリットがあります。

①手間・時間の節約

弁護士に交通事故を依頼した場合、その弁護士ないしは法律事務所が加害者側の損保会社との交渉窓口になります。したがって、細かい電話連絡や書類のやり取り全てを代わりにやってもらえます。これは非常に大きなメリットです。

弁護士に依頼していない場合には、当然、加害者側の損保会社とのやり取りは全て被害者自身で行う必要があります。

②精神的苦痛からの解放

そして、これは多くの依頼者様から聞くところなのですが、被害者側が仕事や家庭の関係上、「平日の昼間の時間帯には電話をしないで欲しい」とお願いしていたとしても、損保会社の担当者はそんなことはお構いなしに電話をかけてくるようです。

さらに、電話での対応も、上から目線で、あたかも被害者を非難するような口調で話をする担当者も多いと聞きます。

このように、加害者側の損保会社とのやり取りは極めて苦痛です。ですが、弁護士へ依頼することによって、このような苦痛から解放されるのです。

③訴訟までを一貫してお任せ可能

また、加害者側の損保会社との示談交渉がまとまらず、訴訟などの法的手続を取る場合にも、弁護士を代理人として付けていれば、被害者自身は裁判所に出頭することなく、代理人のみで訴訟手続を遂行することができます。

(2) 損害賠償額を増額させることができます

弁護士に交通事故の損害賠償請求を依頼した場合の2つ目のメリットとしては、損害賠償額の増額ということが挙げられます。

多くの方はご存じないようですが、実は、交通事故の損害賠償額の計算方法は一つではありません。

①一番高額となる基準で慰謝料請が可能

特に、慰謝料額については、①自賠責保険基準、②任意保険基準、③裁判基準(赤本基準ともいう)の3種類があります。金額としては、①が一番低く、③が一番高いということなります。

被害者側に弁護士が付いていない場合、加害者側の損保会社が示談金として提示してくるのは、任意保険基準の額か、酷いと最も低い自賠責保険基準で算定した金額となります。

ここで、弁護士が代理人として付いていれば、最も高い裁判基準で算定した金額に基づいて、加害者側の損保会社と交渉ができます。

端的に言うと、弁護士が付くだけで慰謝料が増額されるのです。これも非常に大きなメリットだと言えます。

②後遺障害等級や逸失利益のアップも期待可能

特に、後遺障害等級の認定前であれば、その効果は絶大です。弁護士に後遺障害認定の申請を依頼すれば、後遺障害等級の向上の可能性も大きく、その分慰謝の増額が期待できます。

また、慰謝料の他にも、特に主婦の場合、休業損害や逸失利益(当該交通事故による後遺障害で労働能力が減退した分、あるいは死亡した被害者の将来得られたであろう収入分の補償)を算定する上で基となる額(基礎収入額)も争いになることが多いです。

この場合も、弁護士に依頼をすれば、被害者にとって最も有利となる金額で相手加害者側の損保会社と示談交渉に臨むことができるのです。

少なくとも、加害者側の損保会社が提示する保険金の額に納得がいかない場合は、示談書にサインをせずに弁護士に相談してみてください。

2.依頼すべきでないケース

しかし、これだけメリットばかりだと、弁護士に依頼しない手はないといった気になりますが、そうとは限りません。

(1) 費用倒れになるケース

軽傷の人身事故の場合は、後遺障害認定で非該当や低い等級になってしまうため注意が必要です。弁護士費用が賠償額を上回るいわゆる費用倒れになってしまう可能性があるからです。

こういったケースを避けるために、無料相談を実施している事務所が数多くあるので利用してみてはいかがでしょうか。

(2) 弁護士費用特約があれば、依頼すべし

しかし、被害者の自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、上限300万円まで補償されるので、弁護士費用を心配せずに、依頼することができます。

弁護士に依頼すべきメリットがわかったところで、次にどんな弁護士に依頼すべきなのでしょうか。

3.どんな弁護士に依頼すべきなのか?

やはり、交通事故案件に豊富な経験を有する弁護士ないしは法律事務所に依頼すべきです。

では、交通事故案件に豊富な経験を有するかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか?

(1) 法律事務所のホームページを見る

この点、まずは法律事務所のホームページを見てみるという方法があります。ホームページを見れば、事務所の雰囲気や規模、弁護士の数、所属弁護士のプロフィール、所在地など多くの情報が得られますので、これは是非やっていただきたいと思います。

そして、当該ホームページの中で、交通事故に関する事例や賠償額の算定方法などの記載が充実していれば、その事務所は交通事故案件に強いのではないかという推定が働くと思います。

(2) 実際に弁護士と話してみる

次にやっていただきたいのが、弁護士にアポイントを取って実際に話を聞いてもらうということです。最近では、電話での相談を行っている事務所も多いと聞きますが、やはり実際に弁護士に会って相談するということが重要です。

実際に相談した弁護士が、当該交通事故の解決までの流れや賠償額の見込みなどをきちんと順序立てて説明してくれたのであれば、その弁護士は交通事故についてある程度の経験値を有していると判断してよいでしょう。

(3) 保険会社からの紹介弁護士

また、最近では、弁護士費用特約に加入している場合には、被害者の加入する保険会社が弁護士を紹介してくれるサービスもあるようです。

しかし、この場合には、必ずしも交通事故に精通した弁護士が紹介される仕組みにはなっていないようですので、注意が必要です。

実際に会って話をしてみて、この弁護士は交通事故の経験が乏しいのではないかと感じたなら、その直感は正しいことが多いでしょう。

3.まとめ

最後に、泉総合法律事務所についてご案内したいと思います。

泉総合法律事務所には、多数の弁護士が所属しており、東京・神奈川・千葉・埼玉に大規模な支店網を有しています。また、個々の弁護士も、交通事故案件に豊富な経験を有しております。

さらに、当事務所には、損保側の代理人弁護士だった者や、損保会社ないし調査会社出身の専門事務スタッフも所属しているため、ご依頼者様へのバックアップ体制は万全です。

泉総合法律事務所では、交通事故案件を多数手掛けており、多くのお客様からご満足の声を頂戴しております。ご相談者様のお悩みに寄り添い、最適な解決策をご提案いたしますので、交通事故被害でお困りの際は、是非とも当事務所にご相談ください。

まずはお気軽にご連絡いただき、ご自身の目で当事務所の実績と信頼性をご確認いただければと思います。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。