慰謝料・賠償金

主婦・家事従事者も休業損害がもらえるって本当?

主婦・家事従事者も休業損害がもらえるって本当?

主婦の方が交通事故に遭った場合、家事ができなくなったことで休業損害はもらえるのでしょうか。

以下では、主婦の休業損害の有無や金額について説明していきます。

1.主婦にも休業損害は認められるか

休業損害とは、よくある例としては、サラリーマンの方が交通事故に遭ったために仕事ができず、その分、お給料が減ってしまった場合に、本来もらえるべきお給料からの減額分を損害として相手方に請求するものです。

たしかに、主婦の方は、誰かからお給料をもらっているわけではありません。しかし、主婦が行っている家事も他の人に頼めば、当然、お金がかかるものですので、家事にも相応の対価が発生するものです。

したがいまして、主婦の方が交通事故により、家事ができなくなってしまった場合にも、相手方に休業損害を請求できます。これは、男性が家事に従事される主夫の方も同様です。

一方で、家事を行っていても、一人暮らしの方などご自身のためにのみ家事をしている場合は、休業損害を請求できません。あくまで、家族の誰かのために家事を行っていた方が対象になります。

2.どれくらいの金額が認められるか

では、一体どれくらい休業損害を請求できるのでしょうか。

(1) 1日当たりどれくらいの金額が認められるのか

自賠責保険では、1日当たり5,700円と決まっています。相手方の保険会社との交渉や訴訟では、これを超える金額が認められることもあります。

具体的には、賃金センサスの女性の平均賃金をもとに算出した金額(平成27年の賃金センサスで計算すると1日当たり1万0211円)を基準として請求することが考えられます。

ただし、常に1日当たりの金額の満額の支払いを受けられるわけではありません。

たとえば、交通事故当初は、ケガの程度もひどく、家事ができない状態であったものの、治療するにつれて少しずつ症状が軽快し、家事が一部できるようになってきた場合、当初は100%家事ができなかったので、その満額が認められるものの、途中からは、一部家事ができるようになったので、50%の金額、その後さらに症状が軽快したので、20%の金額というように割合を減額しながら賠償が認められることになります。

また、高齢者の方は、交通事故によって全く家事ができない症状になっても、100%の金額ではなく、70、80%の金額に減額されることもあります。

(2) いつまでの金額が認められるのか

では、次に、その1日当たりの金額は何日間まで請求できるのでしょうか。

これは、症状や治療内容、家事への影響に照らし、交通事故のために家事ができなくなった期間です。ただし、この点については、相手方と見解の違いが出やすいところです。

お給料をもらっている方であれば、交通事故前に支払われていた給与額と交通事故後に支払われた給与額を差し引きすれば、数字として金額がでてきますが、主婦の方はそうもいきません。

そこで、たとえば、先ほどの1日当たりの金額×実際に通院した日数を請求する方法があります。

また、先ほどの1日当たりの休業損害の金額を減額しながら認定する考え方をとり、事故後一定期間は1日当たりの金額の100%の金額×その期間の日数、その後一定期間は、50%の金額×その期間の日数、さらにその後20%の金額×その期間の日数を請求することが考えられます。

3.休業損害のご相談は泉総合法律事務所へ

主婦の休業損害が認められることを知らない方もおり、保険会社からの提案では、主婦の休業損害について言及されていないこともあります。症状や治療内容、家事への影響などの事情を踏まえ、適正に請求をすれば、少なくない金額の休業損害が認められることもあります。

これまで述べたように、主婦の休業損害は目に見えない損害ですので、相手方との見解の相違が生じやすい場面です。

泉総合法律事務所では、これまでに多くの案件において休業損害が認められるよう、相手方保険会社と交渉を重ねてきました。その中で得られた解決実績や交渉テクニックを駆使して、交通事故被害者の方に裁量の結果が得られるよう全力でサポートしてまいりますので、交通事故被害でお困りの際は、是非とも当事務所の弁護士にご相談いただけたらと思います。

初回相談は無料ですので、ご遠慮なくお問い合わせください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。