自動車保険

会社へ通勤中に交通事故!通勤災害で労災保険を利用する場合の注意点

会社へ通勤中に交通事故!通勤災害で労災保険を利用する場合の注意点

通勤途中で交通事故に遭ってしまったという方は、比較的多いのではないでしょうか。

通勤途中での交通事故被害はそれ以外のケースと何が異なるのでしょうか。また、通勤途中での交通事故被害の場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

ここでは、通勤途中で交通事故に遭った際の注意点について、解説していきます。

1.労災保険の利用

通勤途中で交通事故に遭った場合、通勤災害として労災保険に対して治療費や休業に関する損害(休業補償)などを請求することができます。

以下で、通勤災害として労災保険に請求する際の注意点について説明します。

2.通勤災害として労災保険へ請求するには

通勤災害で労災保険に請求をするためには、交通事故が通勤途中で発生したことが必要です。

当たり前のように聞こえますが、通勤経路上でも会社帰りにレストランで飲食をして、その帰りに事故に遭った場合などでは、通勤途中とは言えないと判断されてしまうケースもあるため、注意が必要です。

また、勤務先に報告している通勤方法と違う方法(たとえば、勤務先にはバスで通勤していると報告していたが、自動車で通勤していたなど)で通勤している際に事故に遭った場合、通勤方法として合理的な経路および方法であれば、労災保険にて対応をしてくれることもありますが、基本的には勤務先に報告していた通勤方法と異なるため、勤務先との間で問題が発生する可能性があります。

3.通勤災害で労災保険を利用するメリットとは?

では、通勤災害のケースで労災保険を利用するメリットはあるのでしょうか。以下で、その点について説明します。

(1) 被害者側に過失がある場合

被害者側にも過失がある場合、被害者側の過失相当分については、治療費や休業損害なども含めて過失相殺(損害総金額から被害者側の過失相当金額を差し引く)が行われます。

労災保険を利用した場合、治療費については労災保険が全て負担してくれるため、被害者側にて治療費を負担すべき部分がほとんどありません。

また、休業損害についても、事故前の給与額の6割を労災保険から支給されます。(休業の最初の3日間(待期期間)は不支給)。

労災保険から支払われた治療費や休業損害については、基本的に治療費や休業損害といった同種の損害項目ごとに損益相殺(労災から支払われた金額を差し引く)されることになり、慰謝料などのその他の項目から労災保険から支払われた給付金額を差し引くことは許されません。

(2) 被害者に過失がない場合

被害者側に過失責任がなければ、治療費や休業損害を含めて損害の全てを加害者側の保険会社が負担することになるため、労災保険を利用するメリットがないのでは?とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、被害者側に過失がなければ加害者側の保険会社が全てを対応してくれるので、労災を利用する必要はありません。

しかし、休業損害や治療費などの支払いを保険会社から打ち切られたものの、医師が治療や休業が医学的に必要だと判断している場合には、労災保険が休業給付や治療の支払いをしてくれることがあります。

また、損害賠償とは別に労災保険から支給されるものもあります。その点については、以下で説明します。

(3) 特別支給金の制度

労災保険には損害賠償とは別に支給される、休業特別支給金や障害特別支給金、障害特別一時金などの制度があります。

休業特別支給金は休業損害とは別に、事故前給与の2割分が支給されます。

また、障害特別支給金では認定された後遺障害等級に応じて一定の金額が支給されます。(なお、特別支給金については、加害者側保険会社と示談成立後でも労災保険に申請をすることが可能です。)

したがって、労災保険を利用すれば、利用しなかった場合よりも上で述べた分だけ多く受給できるのです。

また、これらの特別支給金は加害者側保険会社から支払われる損害賠償金との調整(労災保険から支払われた金額を差し引く)の対象ではありません。

(4) 加害者が無保険車や自転車の際に労災保険を利用する

加害者が自賠責保険に加入していないケースや、自賠責保険などの強制保険制度のない自転車による事故のケースでも、通勤途中や業務中の事故であれば労災保険を利用することができます。

労災保険を利用することによって安心して治療を受けることができますので、こうしたケースでは労災保険のご利用がおすすめです。

5.労災保険を利用した事故解決もお任せください

通勤途中にて交通事故に遭った場合、通勤災害として労災保険に請求できるケースがあります。労災保険を利用することには被害者側にもメリットがありますので、必要があれば利用を検討してみましょう。

また、労災保険を利用した場合は、損害額の計算が複雑になるところもありますので、労災保険の取り扱いに詳しい専門家に相談することが重要です。

泉総合法律事務所では、労災保険を利用した交通事故の解決実績が豊富にあります。交通事故被害者の方で、労災保険の利用をご検討中の方は、当事務所にご相談ください。ご状況に応じた適切なアドバイスをさせていただきます。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。