大和の交通事故に強い弁護士に相談する

1.ご勤務先やお住まいが大和駅周辺にある方へ

泉総合法律事務所の大和支店は、小田急線、そして相鉄線が乗り入れている大和駅が最寄り駅となります。ここでは、当事務所の大和支店がある大和市内の交通事故情報について、ご説明いたします。

(出典 大和警察署による「平成29年交通事故発生件数」より(平成29年12月6日時点))

■大和市内における交通事故発生状況(平成29年1月~10月)

発生件数(件) 死者数(人) 負傷者数(人)
H29 759 1 867
前年比 +111 ±0 +117

大和市内における交通事故発生件数は、前の年と比べかなり増加していると言えます。

■大和市内における時間帯別発生状況(平成29年1月~10月)

時間帯 発生件数(件) 前年比(件)
0~1時 16 +4
2~3時 5 -2
4~5時 15 -8
6~7時 72 +16
8~9時 111 +17
10~11時 97 +30
12~13時 68 -10
14~15時 83 +13
16~17時 131 +32
18~19時 93 +20
20~21時 41 +1
22~24時 27 -2

平成28年と比べて、ほとんどの時間帯で事故発生件数は増加傾向にあります。特に増加率が大きい時間帯は、10~11時および16~17時という結果でした。

■大和市内における曜日別発生状況(平成29年1月~10月)

曜日 発生件数(件) 前年比(件)
月曜日 110 +13
火曜日 110 +6
水曜日 100 +19
木曜日 121 +33
金曜日 110 ±0
土曜日 111 +18
日曜日 97 +22

平成29年1月~10月において、最も事故発生件数が多かった曜日は木曜日の計121件でした。一方、最も少なかったのは日曜日の計97件でした。

なお、前年比は金曜日を除く全ての曜日で、増加しています。

■大和市内における事故類型別発生数(平成29年1月~10月)

発生件数(件) 前年比(件)
四輪乗車中 759 +111
二輪乗車中 195 +35
自転車乗用中 209 +24
歩行中 134 +23

平成29年1月~10月にかけて発生した交通事故は、圧倒的多数で四輪乗車中(計759件)に発生しています。ちなみに2番目に発生件数が多かった自転車乗用中(計209件)のおよそ3.6倍です。

(2)大和市内の道路状況

神奈川県大和市内を通っている主な幹線道路は、以下のとおりです。

・東名高速道路

・国道16号

・国道246号

・国道467号

・神奈川県道40号横浜厚木線(厚木街道)

・神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線(中原街道)

・神奈川県道50号座間大和線(座間街道)

・神奈川県道56号目黒町町田線(旧16号線)

・神奈川県道451号藤沢大和自転車道線

(3)大和支店での解決事例f

泉総合法律事務所の大和支店にご依頼いただいた案件の解決事例をご紹介します。

「弁護士に相談してみようか」とご検討中の方は、是非ともご参考にしてください。

プロフィール 男性 30代 会社員
受傷部位 下肢
症状名 右大腿骨骨頭骨折、右大腿骨頚部骨折、右寛骨臼蓋骨折
後遺障害等級 10級11号
保険会社提示額 300万円
獲得示談金 1230万円(当初提示額よりも約930万円の増額↗)

(内容)

バイクに乗っていたBさんは、交差点にて自動車と出合い頭に衝突してしまい、重傷を負ったという事故です。

Bさんは、症状固定後、すでに後遺障害等級も認められており、相手方保険会社からは示談金300万円を提示されていました。しかし、この300万円が低すぎると不満を感じていたBさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

ご依頼後、当事務所の弁護士が相手方保険会社と何度も粘り強く交渉を重ねました。その結果、当初、相手方は後遺障害12級相当であるとの見解を示していましたが、最終的には後遺障害10級が認められました。

さらに、相手方が主張していた示談金300万円についても、交渉の結果、その4倍となる1230万円の示談金獲得に成功しました。

(4)大和支店長の弁護士コメント

■法律相談時、ご相談者の方と同じ目線で接するために、心掛けていることは?

ご相談をお受けしている時に私が疑問に感じたことは、すぐにご相談者様へ質問させていただくよう心掛けています。ご相談者様の方にとっても問題点が早期に明らかになるため、お悩み解決の見通しを立てやすくなると思います。

■法律相談時に、大切にしていることは?

「弁護士と話すのが初めてで緊張してしまう」という方もいらっしゃいます。話したいことをきちんと伝えていただくために、和やかな雰囲気の中で、あまり堅苦しくならないよう接することを心掛けています。

■交通事故被害者の方に一言

交通事故被害に遭われた方の中には、交通事故の知識があまりなく、それゆえに、相手方保険会社の言いなりになってしまっているケースが少なくありません。交通事故による被害状況はそれぞれ異なります。したがって、それぞれのケースに応じた、慎重かつきめ細やかな対応が求められます。私はその実現のために、交通事故被害者の方を全力でサポートしていきたいと考えております。

交通事故被害でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所の大和支店へご相談にいらしてください。それぞれのご状況に合った最適な解決策をご提案させていただきます。

(5)大和市内を管轄とする警察署一覧

交通事故被害に遭われた場合、まずは警察署へ事故情報を報告しましょう。これは車を運転する者としての義務です。(道路交通法72条1項)

なお、この届出がされていないと、交通事故証明書の交付申請をしても、交付されないリスクがあるため、そういった意味でも警察署への届出は重要です。

大和市内を管轄とする警察署情報を掲載しておきますので、警察署へご連絡される際の参考にしていただけたらと思います。

■大和警察署

住所 神奈川県大和市中央5-15-4
電話番号 046-261-0110

管轄地域 大和市、綾瀬市

(6)泉総合法律事務所・大和支店の情報

詳しくは「大和支店」のページをご参照ください。

大和支店は、大和市内の方はもちろんですが、その近隣エリアとなる、座間市、綾瀬市、藤沢市、相模原市南区、横浜市瀬谷区、横浜市泉区などにお住まい、もしくはご勤務先がある方などにもたくさんご利用いただいております。

大和支店の近隣エリアには、町田支店、横浜支店、藤沢支店などがあります。ご都合やご事情に合わせて、ご利用いただけたらと思います。

交通事故被害によるお悩みは、とても深いものです。簡単には納得できないものだと思います。

ただ、お一人で悩んでいてもなかなか解決できず、前に進めないものです。

まずは、お悩みを打ち明けてみませんか。きっとお気持ちが楽になるはずです。その際は、是非とも泉総合法律事務所・大和支店をご利用いただけたらと思います。交通事故被害の対応に長けた弁護士が、あなたのお悩みを解決いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。