鼻の後遺障害慰謝料

鼻の後遺障害

鼻の後遺障害としては、①欠損を伴う機能障害、②欠損を伴わない機能障害があります。それぞれの後遺障害等級と認定基準は以下のとおりです。 ① 欠損を伴う機能障害 鼻の欠損を伴う機能障害については、次のように後遺障害等級と認定基準が定められています。

【鼻の欠損を伴う機能障害に関する後遺障害等級と認定基準】

等級 後遺障害の内容(認定基準)
別表第2
9級5号
鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
※「鼻を欠損し」とは、鼻軟骨部の全部又は大部分の欠損を言います。
※「機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難又は嗅覚脱失を言います。

以上、鼻の欠損を伴う機能障害の後遺障害等級についてでした。ここからは、それらのケースにおいて慰謝料がどれくらい得られるのか、自賠と裁判基準を比較しながら説明していきます。

後遺障害慰謝料(自賠責保険基準と弁護士基準)

自賠責保険の慰謝料基準(自賠責保険金額) 弁護士基準
9級 245万円 (616万円) 690万円

② 欠損を伴わない機能障害 鼻の欠損を伴わない機能障害については、後遺障害等級表に明示されていませんが、その機能障害の程度に応じて等級を認定することになります。

【鼻の欠損を伴わない機能障害に関する後遺障害等級と認定基準】

等級 後遺障害の内容(認定基準)
別表第2
12級相当
鼻呼吸困難又は嗅覚脱失が存するもの
※「嗅覚脱失」とは、T&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査の認知域値の平均嗅力損失値が5.6以上の場合を言います。
別表第2
14級相当
嗅覚の減退のみが存するもの
※「嗅覚の減退」とは、T&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査の認知域値の平均嗅力損失値が2.6以上5.5以下の場合を言います。

以上、鼻の欠損を伴わない機能障害の後遺障害等級についてでした。ここからは、それらのケースにおいて慰謝料がどれくらい得られるのか、自賠と裁判基準を比較しながら説明していきます。

後遺障害慰謝料(自賠責保険基準と弁護士基準)

自賠責保険の慰謝料基準(自賠責保険金額) 弁護士基準
12級 93万円 (224万円) 290万円
14級 32万円 (75万円) 110万円

注)12級の自賠責保険金額224万円のうち、93万円が後遺障害慰謝料に相当する額です。以下の級も同様です。

部位別後遺障害慰謝料一覧

ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜22:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。